新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、SOMPOひまわり生命、筑波銀行による「健康経営の推進に関する連携協定」を締結

損保ジャパンとSOMPOひまわり生命および株式会社筑波銀行(以下「筑波銀行」)は、「健康経営の推進に関する連携協定」を2022年12月27日に締結した。
1. 背景・目的
損保ジャパンとSOMPOひまわり生命は、「お客さまの視点ですべての価値判断を行い、保険を基盤としてさらに幅広い事業活動を通じ、お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービスをご提供し、社会に貢献する」というSOMPOグループの経営理念に基づき、幅広い分野での事業展開や社会課題の解決に取り組んでいる。
一方、筑波銀行は、「地域の皆様の信頼をもとに、存在感のある銀行を目指し、豊かな社会づくりに貢献する」とういうことを経営理念としている。
双方の経営理念のもと、企業の「健康経営」について連携を強化することで、企業の経営強化とその従業員一人ひとりの健康のサポート、豊かな社会づくりに貢献することができると考え、協定の締結に至った。
2.協定の主な内容
損保ジャパン、SOMPOひまわり生命、筑波銀行の3社は、各社が培ってきたノウハウを相互に活用し、一層の健康経営の普及促進を目指す。各社単独での活動以上に充実した健康経営のノウハウを地域社会に還元するため、以下について連携して取り組んでいく。
(1)健康経営の普及促進・啓蒙に関すること
(2)安心・安全・健康に資するサービスの開発・提供
(3)その他(SDGs に向けた取組み等)地域社会の課題解決・活性化に関すること
3.今後の展開
今回の協定締結の取組み内容を通じて、損保ジャパン、SOMPOひまわり生命、筑波銀行はそれぞれの特徴を活かして「健康経営」をはじめとした地域社会の課題解決に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、日本MIT会の記念イベントに協賛

損保

損保ジャパン、秋田銀行を通じた「事業継続マネジメント簡易診断サービス」の提供開始および「BCPセミナー」開催

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、業務改善計画の進捗状況(開示事項の経過・2024年5月末時点)および保険料調整行為に関する社外調査委員会による調査報告書を受領

損保

損保ジャパン、AI教習所、安心で安全な運転を支えるエコシステム「運転の人間ドック」構想の実現を目指して、共同研究を開始

生保

SOMPOひまわり生命、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う情報漏えいが発覚

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

生保

SOMPOひまわり生命、禁煙推進企業コンソーシアム主催「2024年世界禁煙デーイベント」に協賛

生保

第一生命ホールディングス、丸紅による不動産事業分野における戦略的提携に関する覚書を締結

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

関連商品