新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

ジブラルタ生命、高校生が社員とペアで実施

ジブラルタ生命は、11月10日に福島県立磐城桜が丘高等学校の学生25名と本社社員をオンラインで繋ぎ、体験型実技演習プログラム「JobShadow」(ジョブシャドウ)を実施した。
「JobShadow」は、公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本が提供する体験型実技演習プログラムである。本プログラムは、学生が社員とペアになり「影(シャドウ)」として行動を共にし、「仕事の内容を理解すること」ではなく「仕事をしている人を見て仕事の厳しさや考え方、責任感を肌身で体験すること」を目的としており、参加する学生の進路・職業の選択に役立つ機会を提供する。
ジブラルタ生命は、被災地いわきに住む次世代の、キャリア意識の形成を支援する目的で2017年から本プログラムへ協賛しており、5回目の実施となる今年も福島県立磐城桜が丘高等学校の学生が参加した。
当日は、本社(オフィスまたは在宅勤務の社員)と福島県立磐城桜が丘高校をオンラインで繋ぎ、学生は本社社員10名とペアを組んでミーティングに約1時間半参加した。本来は文字通り「影(シャドウ)」として行動を共にするものであるが、昨年に続き新型コロナウィルス感染症対策のためオンライン開催とし、複数設定されたミーティングルームに分かれて社員のキャリア紹介を行ったあと、生徒からの質問に社員が実体験に基づき回答するという形式で実施した。各ミーティングルームでは高校生から多くの率直な質問が投げかけられ、活発な意見交換が行われた。
ジブラルタ生命はこれからも子どもたちへの様々な学びの機会の提供を通じて、“未来を担う子どもたち”を応援していく。
【参加後の感想(一部抜粋)】
<高校生>
・高校生活で大切なこと、ためになることをたくさん聞くことができて、今後の進学、就職に生かしていきたいと思った。
・高校生として今しかできないことを聞いて、将来を前向きに考えることができた。
・困難に直面した時の対処方法や人に相談したほうがいいことなど、アドバイスをもらうことができ良い経験になった。
・とても重たい質問をしたが、わかりやすいように回答をしてくれて嬉しかった。久しぶりにもっと時間が欲しいと思った。
<ジブラルタ生命社員>
・初々しくも非常にエネルギッシュな高校生の皆さんと触れ合うことができて、とても元気をもらった。高校生の頃に社会人から仕事に関する考え方や体験談を聞くというのは非常に貴重なことで、素晴らしい取り組みだと思う。
・高校生からすればかなり大人に感じたと思うが、一生懸命質問を考え、発表する姿に感動した。自分が高校生だった当時は社会人と接する機会などなかったので、こういった機会が少しでも参加者の役に立っていたら嬉しく思う。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

富国生命、すまいる・こんさーと(岩手)開催

生保

ライフネット生命、環境保全に貢献する「みらいの森づくりプロジェクト」を実施

損保

アニコムホールディングス、『モロッコ大地震・リビア大洪水におけるどうぶつ救援募金』使途を報告

生保

朝日生命、東京湾UMIプロジェクト「アマモ場再生活動」を実施

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2024」および三枝成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

ジブラルタ生命、ベルマーク運動への支援金額が1億円を達成~生命保険会社初

生保共済

日本生協連と石川県生協連、「令和6年能登半島地震」による被災県への支援金として300万円を石川県社会福祉協議会へ贈呈

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】中日信用金庫および埼玉縣信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

明治安田生命、山口県内の小中学生の体力向上に資するプロジェクトをスタート

生保

ジブラルタ生命、学校教職員向け2023年度アニュアルレポート「SEED」作成

関連商品