新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、インパクト債券ファンドに投資

大同生命は、英シュローダー・グループ傘下のBlue Orchard Finance Ltdが運用受託する「BlueOrchard Impact Bond Fund-Blue I」(以下、本ファンド)への投資を実行した。
本ファンドは、主に世界のグリーン・ボンド、ソーシャル・ボンド、サステナビリティ・リンク・ボンド等への投資を通じて、経済的リターンを獲得するとともに、国連が提唱した持続可能な開発目標である「SDGs」に貢献する環境・社会的インパクトの創出を目指すものであり、欧州SFDR(サステナブルファイナンス開示規則)における第9条(サステナブル投資を目的とする金融商品)に該当している。
BlueOrchard Finance Ltdは国連主導で設立された20年以上の歴史を有するインパクト投資の第一人者で、同社が本ファンドで投資する債券の環境・社会的インパクトの評価および開示も行う。
同社は、「T&D保険グループESG投資方針」に基づき、「責任投資原則(PRI)」の考え方や、「SDGs」などを踏まえ、環境・社会・企業統治の課題を考慮する「ESG投資」に積極的に取り組んでいる。環境・社会的課題の解決に資する本ファンドへの投資は、こうした取組みの一つである。
引き続き、責任ある機関投資家としての責務を果たし、持続可能な社会の形成に貢献できるよう努めていく。
<本ファンドの概要>
名称:BlueOrchard Impact Bond Fund-Blue I
ファンド形態:ルクセンブルク法(RAIF法)に基づくルクセンブルク籍投資信託
運用会社:BlueOrchard Finance Ltd
特徴:主に米欧の企業や国際機関が発行する外貨建て債券の中から、一定以上の環境・社会的インパクトの創出が期待できると判断する債券に投資。
投資額:135百万ドル

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、野村総研とヘルスケアデータ活用に向けた実証実験を実施~継続的な睡眠データのモニタリングにより参加者の6割以上が、睡眠に対する意識の高まりを実感

損保

日本地震再保険、SDGs債に投資

生保

大同生命、女優・波瑠(はる)さん出演の新CM『経営者オフサイトミーティング』シリーズ「経営支援篇」&「経営者保障篇」5月31日(金)放映開始

生保

大同生命、「新規顧客・販路の開拓/日銀のマイナス金利政策解除」について調査を実施

生保

T&Dホールディングス、2024年3月末市場整合的エンベディッド・バリューの開示

生保

太陽生命、「日本高速道路保有・債務返済機構」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

生保

明治安田生命、国際農業開発基金が発行する「サステナブル・ボンド」へ投資

生保

朝日生命、KXリニューアブルエナジー1号に投資

生保

明治安田生命、新興運用会社が運用するエンゲージメントファンドに投資

生保

大同生命、2023年度版「健康スコアリングレポート」にてすべての指標の総合評価で2年連続最上位ランクを獲得

関連商品