新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

メットライフ生命、より持続可能な未来のために「エコチャレンジ」で意識向上

メットライフ生命は、9月14日~30日の17日間、環境への意識を高め、社員の健康意識向上、社員間のコラボレーションを促進することを目的に、メットライフが世界43地域で同時展開した社員向けグローバルプログラム「エコチャレンジ」を実施した。
代表執行役会長社長最高経営責任者ディルク・オステイン氏をはじめとする役員と、約600名の社員が参加し、プログラム期間中に約1万kgのCO2の排出を抑制、約20万リットルの節水、約1.3万個の使い捨てプラスチック容器やボトル、ストローなどの削減を達成し、環境保護に寄与した。メットライフのグローバル全体では、約4,300名の社員が、約7.6万kgのCO2の排出を抑制、約125万リットルの節水、約11.5万個の使い捨てプラスチック容器、ボトル、ストローなどの削減を達成した*1。
参加者が「エコチャレンジ」専用サイト上でチームを組み、コラボレーションしながらチャレンジを行うもので、このプログラムを通じて社員間の相互協力を深化させた。昨年と比較して本年のプログラムは、実際に対面で参加できるチャレンジが増えたことで、同僚やコミュニティや物に直接接し、環境や健康に対する意識をより向上させる取り組みができた。
チャレンジは、「マイボトルを使う」「ストローをやめる」「庭仕事をする」「地元の農家と知り合う」「屋外で過ごす」「毎日運動をする」「日の出、日の入りを楽しむ」など、環境だけではなく、心身の健康に関わることなど多岐にわたり、新しい生活習慣として取り入れて意識を高めることができた。
プログラム後の参加者アンケートでは、「環境への意識が向上した」(63%)、「今後もこのチャレンジを続けていきたい」(99%)との結果が得られ、「プログラムへの参加がきっかけで、今まであまり面識が無かった他部門の同僚ともコミュニケーションが取れるようになった」「ゲーム感覚でエコを意識した活動が出来るので楽しく取り組むことが出来た」などの声が寄せられた。
メットライフ生命では、同社のPurpose「ともに歩んでゆく。よりたしかな未来に向けて。」をより確実に実践することを目指して、サステナビリティを重要な経営の方針と位置づけて取り組んでいる。その重要課題の一つである、「環境保護活動に注力する」活動の一環として、廃棄物の削減、ペーパーレスの推進、エネルギーの節減、温室効果ガス排出量の削減、再生可能エネルギーおよび再生可能素材利用拡大、社員ボランティアによる環境保護活動等に取り組んでいる。
今回のプログラム期間中には、オゾン層保護のための国際デー、食料のロスと廃棄に関する啓発の国際デー等もあり、チャレンジに取り組む中で、さまざまな課題をより自分ごととして考えるきっかけとなった。このような取り組みを通じて、未来に豊かな環境を引き継いでいきたいと考えている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、日本MIT会の記念イベントに協賛

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】豊田信用金庫と共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

富国生命、すまいる・こんさーと(岩手)開催

生保

ライフネット生命、環境保全に貢献する「みらいの森づくりプロジェクト」を実施

損保

アニコムホールディングス、『モロッコ大地震・リビア大洪水におけるどうぶつ救援募金』使途を報告

生保

朝日生命、東京湾UMIプロジェクト「アマモ場再生活動」を実施

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2024」および三枝成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

ジブラルタ生命、ベルマーク運動への支援金額が1億円を達成~生命保険会社初

生保共済

日本生協連と石川県生協連、「令和6年能登半島地震」による被災県への支援金として300万円を石川県社会福祉協議会へ贈呈

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】中日信用金庫および埼玉縣信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

関連商品