新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

ソニー生命、女性の活躍に関する意識調査2022

ソニー生命は、2022年9月22日~9月26日の5日間、全国の20歳~69歳の女性に対し、今年で7回目となる「女性の活躍に関する意識調査2022」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開した。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)
■調査結果概要
【女性が実感している活躍シーン】
・「家庭で女性がイキイキと活躍していると思う」女性の40%
「職場で女性がイキイキと活躍していると思う」女性の41%
・家事や地域社会での貢献、女性が考える時給換算額はいくら?
「未就学児の育児・世話」は平均1,847円、前回調査から174円増加
「PTA活動」は平均1,441円、前回調査から155円増加
「親戚づきあい」は1,380円、前回調査から180円増加
【女性の本音】
・「現在の生活に満足している」有職女性の51%、60代では55%
有職女性の35%がバリキャリ志向、30代有職女性では43%
・管理職への打診があっても「受けてみたいと思わない」有職女性の55%
管理職になりたくない理由 1位「ストレスが増えそうだから」2位「責任が重くなるから」
・「女性が社会で働くには不利な点が多い」有職女性の68%、ワーママでは75%
・「本当は専業主婦になりたい」有職女性の33%、20代有職女性では43%
バリキャリ志向・管理職志向の女性の割合は、大幅下降した前回調査の水準のまま横ばいで推移
・女性が専業主婦になるために必要だと思う夫の年収額のイメージは?
子ども2人の場合では平均980万円、子ども3人の場合では平均1,200万円
【職業生活での女性の活躍促進】
・女性が家庭と仕事を両立させるために必要だと思うこと
1位「休暇が取得しやすい職場環境」2位「男性の家事・育児参加」3位「職場の理解・協力」
・職場にあったら良いと思う働き方や制度 TOP3は「時短勤務」「在宅勤務」「週休3日」
ワーママの42%が「社内保育園」を希望
・勤務先に求める女性活躍支援 1位「子どもの年齢に応じた短時間勤務制度の導入」
・勤務先で取り入れられている女性活躍支援 1位「子どもの年齢に応じた短時間勤務制度の導入」
「長時間労働の是正」と回答した割合は有職女性では17%、前回調査から6ポイント上昇
【女性の活躍とフェムテック】
・女性の活躍推進には、どのような悩み・課題を解決できるフェムテックが必要だと思うか?
TOP5は「育児・子育て」「月経・PMS」「産後ケア」「更年期」「メンタルヘルス」
【女性の活躍と芸能人・キャラクター】
・同じ女性として憧れる女性芸能人 1位「天海祐希さん」2位「北川景子さん」3位「杏さん」
同じ女性として憧れる女性のアニメ・漫画キャラ 1位「フグ田サザエ」2位「峰不二子」3位「ナミ」
・家事・育児に積極的に参加している男性として思い浮かぶアニメ・漫画のキャラ 1位「フグ田マスオ」
「野原ひろし」「荒岩一味」「龍」「ロイド・フォージャー」がTOP5にランクイン

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ソニー生命、2023年度決算(案)を発表

生保

ソニー生命、2024年3月末経済価値ベースのEVを開示

生保損保

ソニーフィナンシャルグループ各社、名刺にソニーが開発した環境に配慮した紙素材「オリジナルブレンドマテリアル」を導入

生保

明治安田生命、「理想の上司」アンケート調査を実施

生保

ソニー生命、ダブルケア(子育てと介護の同時進行)に関する調査2024を実施

生保

ソニー生命、「令和6年能登半島地震」により被災者に対する義援金を寄贈

損保

ソニー損保、「2024年 20歳のカーライフ意識調査」を実施

損保協会・団体

損保協会、「ロードサービスに関する消費者アンケート調査」を実施~ネットで検索したロードサービスのトラブルに注意を

生保

ソニー生命、新CM「人生を変えるキャッチボール」篇12/14(木)放映開始

生保

ソニー生命、47都道府県別生活意識調査2023を実施

関連商品