新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

楽天損保、楽天生命、家族登録制度を拡充

楽天損保と楽天生命、は、2022年9月30日より「家族登録制度」を拡充する。
今回の拡充により、契約者が指定した家族(以下「開示指定者」)が可能な手続きは、以下の通りとなる。
【変更前】
・契約内容の照会
【変更後】
・契約内容の照会
・住所、電話番号の変更
・保険証券の再発行
・控除証明書の再発行
・各種手続き書類の発送
「家族登録制度」とは、開示指定者を指定することにより、開示指定者からの申出にて、契約者の保障内容や保険料の支払い状況などの照会や一部の手続きが可能となる制度である。楽天生命は、2021年8月28日より、楽天損保は、2022年3月1日より「家族登録制度」を開始し、仕事が忙しく問い合わせが難しいお客さま、高齢で家族と契約内容を共有したいお客さまなどが利用している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、高校生向け「損保版金融リテラシー教育の出前授業」を提供開始

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

損保

MS&ADインターリスク総研、「自然災害時アクションサポートサービス」の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

生保

ジブラルタ生命、「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」開催動物園・水族館をサポート

生保

SBI生命、保有契約の加入者数が50万人を突破

生保

FWD生命、ウェルスナビの新サービスに『FWD収入保障<WEB専用>』を提供

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、「MS&ADサイバーリスクファインダー 取引先診断サービス」の提供開始

生保

アクサ生命、「お客さま本位の業務運営を実現するための基本方針」にかかる2023年の評価指標の結果および取組みを公表

生保

SOMPOひまわり生命、日本健康会議主催イベントに登壇、健康経営におけるマイナ保険証の活用を発表

関連商品