新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

マニュライフ生命、「給付金らくらく請求」手続き対象者を拡大

マニュライフ生命は、給付金請求手続きを公式ウェブサイトから申請できるサービス「給付金らくらく請求」において、オンライン上で請求できるお客さまの範囲を拡大した。第1弾として7月30日(土)から18歳以上の被保険者が直接オンラインで給付金を申請可能とし、第2弾は、8月30日(火)より対象をさらに拡大し、被保険者が未成年の場合でも親権者による手続きが可能となる。*1「給付金らくらく請求(オンライン)」は、オンライン(公式ウェブサイト)で給付金請求ができるサービスである。必要書類の記入や郵送のプロセスといった従来の手続きが不要となる「給付金らくらく請求」では、給付金請求が平均3分で完了するため、お客さまはより簡単にお手続きをすることができる。
2018年12月のサービス開始以来、「給付金らくらく請求」を利用しオンライン上で請求できるお客さまの範囲を順次拡大している。今回のサービス拡大では、契約者ではない被保険者の方も利用可能となり、同社給付金支払い対象者の約97%のお客さまが「給付金らくらく請求(オンライン)」を利用できるようになる。
マニュライフ生命は、商品の提案から申込み手続きまでをオンラインで実施するオンライン面談「らくらく申込」をはじめ、お客さまとのコミュニケーションのために営業職員(プランライト・アドバイザー)チャネルへの「LINE WORKS」の導入、24時間問合せを可能とするチャットボット機能を備えたLINE公式アカウントの開設、契約者向けの案内資料のペーパーレス化など、お客さまのニーズに合わせたデジタル化を推進している。今後もデジタルとお客さま中心主義のリーディングカンパニーとして、お客さまの利便性向上のため、さらなる変革を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

マニュライフ生命「アジア・ケア・サーベイ2024」を発表~日本の生活者、将来のファイナンシャル・ウェルビーイング実現への期待度がアジアで最下位、退職後に向けた積極的な準備が必要

生保

SBI生命、生成AIを活用した社内業務サービスをGPT-4oとClaude3Haikuへバージョンアップ

損保

SBI損保、SBI Ant Works AsiaのRPAを活用したAPI連携により損害調査業務の効率化を実現

生保

マニュライフ生命、「HDI格付けベンチマーク」で8年連続の最高評価コールセンターの応対品質で三つ星を獲得

生保

マニュライフ生命、一時払終身保険へのニーズに応えるため『未来につなげる終身保険』の商品改定を実施

生保

マニュライフ生命、『こだわり個人年金(外貨建)』を新たに山口フィナンシャルグループ傘下の3銀行で発売

生保

FWD生命、医療保険の給付金請求で診断書不要の範囲拡大など簡略化

生保

ジブラルタ生命、新サービス「給付金オンライン請求」を開始

生保

ジブラルタ生命、「保全ペーパーレスシステム」の対象手続き拡充

生保

住友生命、決済サービス「TREE AYMENT」全面展開し営業職員が取り扱う全商品の保険料支払いをキャッシュレス対応へ

関連商品