新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命、WASSHAへ投資

第一生命は、アフリカの未電化地域に電力サービスの提供を行う国内ベンチャー企業のWASSHAに対し、ESG投資の一環であるインパクト投資として3億円の投資を実施した。
同社は、将来にわたって、すべての人々が世代を超えて安心に満ち、豊かで健康な人生を送れるWell-being(幸せ)に貢献し続けられる存在でありたいと願っている。本投資を通じて、投資収益を期待するとともにWellbeingの実現に向けたアフリカ地域の持続可能な発展への貢献(社会的インパクト)が期待されるWASSHAの取組みを資金面からサポートし、その進捗状況を継続的にモニタリングしていく。
◆WASSHAについて
・アフリカの未電化地域に暮らす人々向けに太陽光発電による電力サービスの提供を行う、東京大学発のベンチャー企業
・WASSHAは、事業を展開するアフリカの小売店「キオスク」を起点に、太陽光パネル等の機器を提供し、同社が開発した太陽光充電式のLEDランタンを低価格でレンタルする
・未電化地域が多く残るアフリカでの低価格の電力サービスの提供を通じて、従来のロウソクや灯油ランプによる火事や呼吸器疾患の解決に加え、夜間の教育や商業活動等が可能となり、未電化地域に暮らす人々の生活水準の向上や経済的自立への貢献が期待される

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、「「RE100(100%再生可能エネルギー化)」達成企業に認定」を訂正

生保

太陽生命、「日本高速道路保有・債務返済機構」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

生保

第一生命、2023年度(2023年4月1日~2024年3月31日)業績を発表

生保

明治安田生命、国際農業開発基金が発行する「サステナブル・ボンド」へ投資

生保

第一生命等、虎ノ門アルセアタワーのワーカーサポート施設の概要決定

生保

朝日生命、KXリニューアブルエナジー1号に投資

生保

第一生命、【インパクト投資】TYPICA Holdings株式会社に投資

生保

第一生命、TUSグローバルレジデンス竣工、先端理系人財の育成に資する学生用マンションの運営開始

生保

明治安田生命、新興運用会社が運用するエンゲージメントファンドに投資

生保

住友生命、ニュートン・インベストメント・パートナーズが管理・運用する日本株ファンドに投資

関連商品