シンニチ保険WEB

かんぽ生命、国内上場株式を投資対象とした「コモンズ・インパクトファンド」へ投資

かんぽ生命は、コモンズ投信が運用する、国内上場株式を投資対象とした「コモンズ・インパクトファンド」に投資する。
当ファンドは、社会的インパクトの創出に積極的に取り組む国内企業に長期的な視点で投資を行い、社会的リターンと経済的リターンの両立を目指すものである。
アセットオーナーであるかんぽ生命が重視する「Well-being向上」「地域と社会の発展」「環境保護への貢献」をテーマとし、アセットマネージャーであるコモンズ投信及び投資先候補企業との対話を通じ、事前に社会課題解決に向けたKPIを確認のうえ、投資することで、三者で社会的インパクト創出に取り組む。
かんぽ生命は、インパクト投資をESG投資の重要な枠組みのひとつとして位置付け、推進している。インパクトを創出する意図があり、そのためのアウトプット(組織や事業の活動がもたらす製品、サービスなど)やアウトカム(アウトプットがもたらす変化、便益、その他効果)をKPIとして明確化し、測定する投資について「インパクト”K”プロジェクト」として認定することとしており、本件はその第1号案件となる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、ヌビーンが運用する農地戦略ファンドに投資

生保協会・団体

生保協会、かんぽ生命の新規業務届出を踏まえ懸念等を発表

生保

第一生命、株式会社シナモンに投資

生保その他

日本郵政グループ、企業行動基準「JP行動宣言」を策定

生保

日本生命、ニッセイ国内株式クライメート・トランジション戦略ファンドへ投資

生保

第一フロンティア生命、アジア初:国際農業開発基金(IFAD)が発行するSDGs債に投資

生保

かんぽ生命、新規業務の届出を実施

生保

かんぽ生命等、業務改善計画の進捗状況を公表

生保

第一生命、WASSHAへ投資

生保

かんぽ生命、三井物産と不動産等のアセットマネジメント事業で資本・業務提携