シンニチ保険WEB

チューリッヒ生命、Z世代に向けた「こころの健康」に関するオンラインセミナーを開催

チューリッヒ生命は、若者の心身の健康を促進することを目的に、オンラインセミナー「オリンピックアスリート×こころの専門家 10代、20代から意識すると劇的に変わる!人生に役立つ自分のこころとの向き合い方」を5月14日(土)に開催した。
本イベントは、チューリッヒ・インシュアランス・グループが注力分野とするメンタルウェルビーイング促進に向けた取組みの一つとして行ったものである。新型コロナウイルス感染症拡大の影響もあり、これからの社会を担うZ世代の「こころの健康」の維持がより重要視されるようになったことを受け、参加者がメンタルウェルビーイングを正しく理解し、今後心身を健やかに保つための一助となるよう開催した。
当日は、ゲストスピーカーとして同社のスポンサードアスリートでカヌースラローム日本代表 羽根田卓也選手、元競泳日本代表 伊藤華英氏、子ども・若者のメンタルヘルス教育の専門家である国立精神・神経医療研究センター 研究員 小塩靖崇氏を招き、アスリートとして、一人の人として日々どのように自分のこころを保ち、メンタルウェルビーイングを大切にしてきたかについて、これまでの経験や失敗談を交えながらディスカッションを行った。
羽根田選手には、カヌーを学ぶため18歳の時に単身で渡ったスロバキアで感じた不安な気持ちとどう向き合っていたか、スポーツが人生を豊かにするツールであるという新たな価値観を得たことで起きたこころの変化などについて、自身の体験をもとにお話しいただいた。
参加者からは、「メンタルと聞くと精神論と捉えていたが、誰かが決めた『普通』に囚われない人生を送りたいと思うきっかけとなりました」や、「アスリートでさえ自分達と変わらない同じ思いをしているので、自分が特別弱いわけではないと思っていきたいです」など、今後の生き方を前向きに捉える声があった。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

エヌエヌ生命、「“妻の気持ちが手に取るようにわかる”男性経営者向けオンラインセミナー」開催

生保

大同生命、健康経営Webセミナー「“イメージアップ”や“業績向上”につながる健康経営とは」開催

生保

チューリッヒ生命、病気やケガで10日間以上働けなくなった人への実態調査

生保

生保各社(カーディフ生命、チューリッヒ生命、楽天生命)、2021年度決算を発表

生保

チューリッヒ生命、「終身医療保険プレミアムZ」「終身医療保険プレミアムZ Lady」を6月15日より発売

生保

住友生命、大学発スタートアップのグローバル化に向けたセミナーを開催

生保

チューリッヒ生命、50歳から加入可能な有期型の死亡保険「定期保険プラチナ」を発売

生保

チューリッヒ生命、日本テレワーク協会「テレワーク推進賞」において「奨励賞」を受賞

生保

チューリッヒ生命、2022年オリコン顧客満足度調査 『終身型がん保険商品』 『定期型生命保険商品』ランキングにおいて「終身ガン治療保険プレミアムZ」「定期保険プレミアムDX」 が総合1位を獲得

生保

チューリッヒ生命、最短で翌営業日に給付金のお支払いが可能になる書類アップロードサービスを提供開始