新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

朝日生命、米州開発銀行が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

朝日生命は、米州開発銀行(以下「IDB」、ムーディーズ:Aaa、スタンダード&プアーズ:AAA)が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」(以下「本債券」)への単独投資を行った。
<本債券発行の背景>
本債券を通してIDBは持続可能な開発目標#3(SDG)「すべての人に健康と福祉を」の認識を高め、COVID-19による罹患率と死亡率の低下に貢献し、パンデミックが健康に及ぼすその他の間接的な影響を軽減する事を支援する。
(参考)IDBのCOVID-19に関するプロジェクト
エルサルバドル共和国のCOVID-19感染拡大を抑止し、サービス提供への影響を緩和するための公衆衛生対応を支援する。主な目的は(i)感染の検出と監視を改善、(ii)感染の連鎖を断ち切るイニシアチブの支援、(iii)サービス提供のキャパシティー向上。
【債券概要】
発行体名称  米州開発銀行
発行形式  サステナブル・ディベロップメント・ボンド
発行総額  60百万豪ドル(約51億円)
償還期間  10年
同社は、中期経営計画「Advance~Theroadto2030~」で持続可能な社会の実現に貢献し、社会への責任を果たしていくことを目指しており、今後もESG投融資を一層推進していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、国際農業開発基金が発行する「サステナブル・ボンド」へ投資

生保

朝日生命、KXリニューアブルエナジー1号に投資

生保

明治安田生命、新興運用会社が運用するエンゲージメントファンドに投資

生保

住友生命、ニュートン・インベストメント・パートナーズが管理・運用する日本株ファンドに投資

生保

プルデンシャル生命、グリーンボンド「日本郵船株式会社第48回無担保社債」に投資

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

朝日生命、新中期経営計画「ネクストA-『2030年のありたい姿』の実現に向けて-」を策定

生保

第一生命、同社初となる、「DLサステナビリティ・リンク・ローン・フレームワーク」に基づく融資を実行

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、大災害債「Tomoni Re 2024」をグループ共同で発行

生保

住友生命、DWSが運用するインフラデットファンドに330億円投資

関連商品