新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アクサ生命、アクサレディスゴルフトーナメントin MIYAZAKI2022出場選手決定

アクサ生命が特別協賛するJLPGAツアー2022シーズンの第4戦『アクサレディスゴルフトーナメントinMIYAZAKI2022』』(主催:株式会社テレビ宮崎)出場選手108名が決定した。
まず、昨年大会の最終日に劇的な逆転優勝を飾った岡山絵里がディフェンディングチャンピオンとして出場する。最終日、首位と5打差の4位でスタートし鮮やかな逆転優勝を手繰り寄せたことは記憶に新しく、幸運を呼び込んだ舞台での大会史上初の連覇を狙う。
また、史上初の統合シーズン2020‐21年賞金女王に輝き、東京五輪で銀メダルを獲得した稲見萌寧を筆頭に、黄金世代の一人で2週連続優勝を達成するなど、賞金ランキング3位で賞金女王争いの一人であった小祝さくら、昨シーズンは未勝利ながらも賞金ランキング4位に入り、今シーズンの開幕戦で悲願の初優勝を成し遂げた西郷真央、ミレニアム世代では、メジャー含む4勝を挙げ、賞金ランキング5位に入る活躍を見せた西村優菜など、各世代を代表する選手が揃って出場し大会を彩る。
他にも、2020年に同一年内国内メジャー2勝を成し遂げた原英莉花、昨シーズンは自身初のメジャー1勝を含む年間2勝を挙げた勝みなみ、さらには昨シーズン初優勝を飾った吉田優利や山下美夢有、歴代優勝者の河本結など実力のある若手選手や、ツアールーキーの佐藤心結や尾関彩美悠など今シーズン期待のニューヒロインも虎視眈々と上位進出を狙う。
宮崎県勢では、6季連続シード獲得の永峰咲希、昨年大会こそ無念の棄権となったが、過去トップ5に2度入るなど、好相性の大会で地元優勝を狙う柏原明日架、初出場した2019年大会で4位タイの活躍を見せた脇元華の出場も決定した。
『アクサレディスゴルフトーナメントin MIYAZAKI2022』は、3月25日(金)から27日(日)の3日間、宮崎県のUMKカントリークラブを舞台に開催する。新型コロナウイルス感染防止対策を一段と強化し、各日入場5,000名を目安に制限をし、選手にかかわる業務を行う大会関係者はPCR検査を受検し、大会2週間前から検温や体調のチェックを行う。クラブハウスなど会場内に消毒液を設置するなど、大会に関わる全ての皆様の安全を守ることを第一とした運営に努め、「宮崎」からファンの皆様に元気や勇気、笑顔を届けることができればと考えている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、2024年度「地元アスリート応援プログラム」40都道府県88名の若手アスリートへ支援を開始

損保

三井住友海上、「日本パラ陸上競技選手権大会」砲丸投・円盤投で神下 豊夢選手が優勝

生保

アクサ生命、浜松市と健康経営の推進に関する連携協定を締結

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ 2024」公演開始

共済

日本生協連、全国生協とSDGsの実現を目指し「コープサステナブルアクション」第二弾を展開

生保

アクサ生命、世界16の国と地域で実施、アクサのマインドヘルス調査「心の健康」日本は最下位

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」男女混合団体戦玉置桃選手が出場!日本代表チームが金メダル

生保

かんぽ生命、車いすテニスの大谷桃子選手が全仏オープンに出場

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」で玉置 桃選手が銅メダルを獲得

生保

FWD生命、オリックス・バファローズ若月健矢選手をアンバサダーとして起用したプロモーションをスタート

関連商品