シンニチ保険WEB

ソニー生命、ライフプランナーによるソニー損保の火災保険取扱開始

ソニー生命は、2021年10月15日よりライフプランナー(営業社員)によるソニー損保の火災保険の取扱を開始する。
ソニー生命のライフプランナーは、すでにソニー損保の自動車保険やソニー銀行株式会社(以下「ソニー銀行」)の住宅ローン等を取り扱っているが、このたびのソニー損保の火災保険取扱開始により、お客さまの多様化するニーズに対応し、より一層、お客さまへの提供価値の向上を図っていく。
今後も、ソニーフィナンシャルグループ各社間での連携を強化し、グループシナジーを発揮することで「総合的な金融サービス」を推進していく。
1.ソニー生命のライフプランナーによる火災保険取扱の背景・目的
ソニー生命は、「日本中のお客さまを一生涯お守りする」という思いのもと、お客さまが生涯を通じて必要な資金を分析し、ライフプランに合わせたオーダーメイドの生命保険を提供している。
火災や自然災害などによって大切なマイホームが被害を受けた際の損害を補償する火災保険も、お客さまを守るための重要な要素のひとつであることから、お客さまへの提供価値(ライフプランナーバリュー)の向上を目的として、ソニー損保の火災保険の取扱を開始する。
これにより、お客さまは、生命保険・自動車保険・住宅ローン等に加え火災保険に関する相談が可能となり、お客さまが描くライフプランについて、ライフプランナーによる総合的なコンサルティングが可能となる。
また、ソニー損保の火災保険は、お客さまのニーズに合わせた補償のカスタマイズが可能で、地震補償を一般的な地震保険より手厚くすることなどもできるため、ライフプランナーによるコンサルティングにも適した商品である。ソニーフィナンシャルグループでは、すでにソニー銀行の住宅ローンを利用されるお客さまを対象に販売しており、このたびのソニー生命のライフプランナーによる火災保険の取扱開始により、より多くのお客さまにソニー損保の火災保険の魅力を伝えることができるようになる。
2.取扱概要(2021年10月15日時点)
■ソニー生命のライフプランナーの業務内容
お客さまから火災保険に関する相談があった場合、以下の対応を行う。
・お客さまのライフプランに即したソニー損保の火災保険の提案
・契約締結の媒介業務
※ソニー損保の火災保険はインターネット専用商品で、ライフプランナーがインターネットでの手続きをサポートすることも可能である。
■取扱開始日:2021年10月15日
■取扱営業社員数:5,052名
3.ソニー損保の火災保険の特長
①補償のカスタマイズが可能
②充実した補償
③見積り・申込手続における高い利便性
④保険金支払いまでのサポート
⑤各種付帯サービス

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ソニー生命、海外連結子会社で不正送金、社員の逮捕を発表

生保

ネオファースト生命、遠州信用金庫がネオファースト生命3商品の販売を開始

生保

PGF生命、三菱UFJ銀行で新商品「米国ドル建保障選択型終身保険Neo」を販売開始

損保

レスキュー損保、セクハラパワハラ保険を認可取得

生保

太陽生命、九州ろうきんと窓販提携「無配当終身認知症・生活介護年金保険(低解約払戻金型)(001)」の販売を開始

生保

太陽生命、ネットで申込みが完結できるスマ保険の新プランを発売

生保

ソニー生命、成年年齢の引き下げに関する意識調査2021を実施

生保

イオン・アリアンツ生命、終身医療保険「元気パスポート」を発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、りそな銀行にて変額終身保険(災害加算・I型)の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、佐賀銀行にて変額終身保険(災害加算・I型)の販売を開始

関連商品