シンニチ保険WEB

アフラック・グローバル・インベストメンツがデナム・キャピタルと21億ドル規模の戦略的パートナーシップ契約を発表

アフラック・インコーポレーテッドの資産運用子会社であるアフラック・グローバル・インベストメンツは、デナム・サステナブル・インフラストラクチャーの事業拡大を目的として、持続可能性に資するインフラ、エネルギーおよび資源の分野におけるグローバルな投資会社であるデナム・キャピタルとの間に新たなパートナーシップ契約を締結したことを発表した。
アフラック・グローバル・インベストメンツは、主に持続可能性に資するインフラ・プロジェクトが発行するシニア債に投資する新たなデットファイナンスのプラットフォームの立ち上げを目的として、デナム・サステナブル・インフラストラクチャーに対して20億ドルのコミットメントを行うとともに、持続可能性に資するインフラ資産の取得、強化ならびに開発を支援するため、デナム・キャピタルの2つ目の持続可能性特化型株式ファンドに対して1億ドルのコミットメントを行った。また、アフラック・グローバル・インベストメンツは、デナム・サステナブル・インフラストラクチャーに対して24.9%の非支配少数株主持分を保有する予定である。
デナム・キャピタルとの間で実行される本取引は、資産運用会社に対する戦略的な出資によってステークホルダーに価値をもたらすと同時に、アフラックの一般勘定の目的に沿うユニークな投資機会を捉えるためのアフラックの長期的な成長戦略の一環でもある。この合意は、デナム・サステナブル・インフラストラクチャーを、環境を保護しつつ経済成長を支える資産に対する世界的な需要を満たすために債券と株式双方の投資資金を提供する第一人者に位置付けるものである。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本郵政、日本郵便、かんぽ生命、アフラック・インコーポレーテッド及びアフラック生命による「お客さまと地域を支える『共創プラットフォーム』」の実現に向けた「資本関係に基づく戦略提携」のさらなる発展

生保

アフラック・インコーポレーテッドが「2020年度ビジネス&サステナビリティレポート」を発行

生保

アフラック・インコーポレーテッド、2018年度「なでしこ銘柄」に選定