シンニチ保険WEB

太陽生命、川崎重工業株式会社が発行するサステナビリティボンドへの投資

太陽生命は、ESG投資の一環として、川崎重工業株式会社が発行する「サステナビリティボンド」(以下「本債券」)への投資を決定した。
今般、同社が投資する本債券の調達資金は、同社が定めるフレームワークに基づき、自動PCR検査ロボットシステムの普及およびクリーン水素サプライチェーン構築にむけた事業へ充当されSDGs達成に向けた貢献と持続可能な社会の実現を目指す。
<概要>
発行体:川崎重工業株式会社(R&I:A-)
名称:サステナビリティボンド
※国際資本市場協会(ICMA)が公表する「グリーンボンド及びソーシャルボンド原則」に準拠したサステナビリティボンド
発行総額:100億円
償還期間:10年
資金使途:自動PCR検査ロボットシステムの普及およびクリーン水素サプライチェーン構築にむけた事業へ充当
SDGs:債権によって調達された資金は、川崎重工業株式会社の事業を通して、SDGsの下記目標の達成に向けて貢献する。
同社は、2007年3月に、日本の生命保険会社として初めて「責任投資原則(PRI)」(*)に署名し、環境(E)、社会(S)、企業統治(G)の課題に十分配慮した資産運用を行っている。今後とも、責任ある機関投資家として、「T&D保険グループESG投資方針」に基づき、事業活動を通じて社会的課題の解決に貢献する取組みを進めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、JICAジェンダーボンド(ソーシャルボンド)に投資

生保

太陽生命、「株式会社デンソー」が発行する「サステナビリティボンド」への投資を実施

生保

第一生命、生物多様性保全を目的としたグリーンボンドに投資

生保

太陽生命、世界アルツハイマーデーにあわせて認知症の予防に関する意識調査結果を公表

生保

明治安田生命、アジア開発銀行が発行する「ブルーボンド」へ投資

生保

第一生命、アジア開発銀行が発行するブルーボンドへ投資

生保

大同生命、米国ベンチャーキャピタルファンド「Sozo Ventures III, L. P.」へ投資

生保

第一フロンティア生命、ホルシム社が発行するサステナビリティ・リンク・ボンドへ投資

生保

明治安田生命、アフリカ開発銀行が発行する「All 5-High 5s theme bonds」に世界初の投資

生保

太陽生命、ライフネットみらいと販売提携