シンニチ保険WEB

太陽生命、6月1日に発売した「ガン・重大疾病予防保険」の販売件数が1万件突破

太陽生命は、6月1日に発売した「ガン・重大疾病予防保険」の販売件数が、10,000件を超えた。
近年、ガン・重大疾病の罹患者は約1,850万人(*)といわれており、日本人にとってガン・重大疾病は身近な病気といえる。
「ガン・重大疾病予防保険」は、がん・急性心筋梗塞・脳卒中・糖尿病をはじめとする19もの疾病による所定の状態に対して最大2,000万円の保障を準備することができる。疾病の早期治療に役立ててもらうため、がんと診断確定された場合に支払うだけでなく、急性心筋梗塞・脳卒中に関しては、所定の状態が60日以上継続する場合に加えて、手術を受けた場合にも支払うようにした。さらに所定の状態に該当したときに、以後の保険料の払込みが免除され、保障を継続することができる保険料払込免除特約を「保険料払込免除特約2020」へとリニューアルすることで、保障内容の充実を図っている。また、契約の1年後から2年ごとに「予防給付金」を受け取ることができる。この「予防給付金」を活用し、同社が案内する疾病予防サービス等にも利用可能。
同保険は、責任世代をはじめとする幅広い年齢層から支持を得、販売件数は、2018年10月に発売し、好評だった「ひまわり認知症予防保険」とほぼ同じペースで、発売から1カ月を待たずに10,000件を超えた。
(*)厚生労働省「平成29年患者調査」による

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、「太陽の元気プロジェクト」2021年度の取組みを公開

生保

太陽生命、中国銀行を通じ、「My年金Best外貨2」の販売を開始

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、太陽生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する「ピースビルディングボンド(平和構築債)」に投資

生保

太陽生命、「第13回全国中学生ラグビーフットボール大会」に特別協賛

生保

太陽生命、JAPAN RUGBY CHALLENGE SERIES 2022へ特別協賛

生保

太陽生命少子高齢社会研究所、地方自治体を対象に「産後ケア事業に関する実態調査」を実施

生保

太陽生命少子高齢社会研究所、利用者を対象に「短期入所型産後ケア事業アンケート」を実施

生保

太陽生命、一社提供番組「草野仁の名医が寄りそう!カラダ若返りTV」が7月9日(土)から放映開始

生保

太陽生命、佐賀銀行を通じ、『感染症プラス入院一時金保険』の販売を開始

生保

太陽生命、流山営業所を開設