シンニチ保険WEB

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

太陽生命と大同生命は、都市再生機構が発行するソーシャルボンドへの投資を決定した。
本債券の調達資金は、同機構が実施するソーシャルプロジェクトの財源として、社会課題の解決、また国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に活用される。
◆本債券の概要
・発行体
都市再生機構(R&I格付:AA+、ムーディーズ格付:A1)
・債券名称
第171回(ソーシャルボンド)
・発行総額
150億円
・償還期間
40年
・資金使途
同機構が実施するソーシャルプロジェクト※に充当
※人口減少、少子高齢化、東京一極集中という経済社会構造上の大きな課題や、巨大地震や気候変動に対応するための防災、減災、老朽化対策といった、我が国が抱える社会的課題の解決を目的とした取組み。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、太陽の元気プロジェクト 2020年度の取組み

生保

第一生命、リバーフィールドへインパクト投資

生保

かんぽ生命、日本郵船が発行する本邦初のトランジションボンドへの投資

生保

太陽生命、大同生命、日本郵船株式会社が発行する「トランジションボンド」に投資

生保

大同生命、「中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業」へ参画

生保

第一生命、日本郵船株式会社が発行する本邦初となるトランジションボンドへの投資

生保

第一生命、株式会社アウトソーシング向けサステナビリティ・リンク・ローンに融資

生保

第一生命、欧州復興開発銀行が発行する気候レジリエンスボンドに投資

生保

大同生命、「在宅勤務(テレワーク)とデジタル化の取組状況」について調査結果を公表

損保

MS&ADインシュアランスグループホールディングス、コーポレートベンチャーキャピタルの総投資枠を2億米ドルに拡大

関連商品