シンニチ保険WEB

太陽生命、大阪府住宅供給公社が発行するソーシャルボンドに投資

太陽生命は、ESG投資の一環として、大阪府住宅供給公社が発行する「ソーシャルボンド」(以下「本債券」)への投資を決定した。
大阪府住宅供給公社は、2020年3月に株式会社格付投資情報センター(R&I)からソーシャル・ファイナンスに関する外部評価(R&Iソーシャルボンドオピニオン)を地方三公社として初めて取得した。
今般、同社が投資する本債券の調達資金は、建て替えによる新たな街づくり、耐震化による安心安全の提供等の「住まうビジョン・大阪」に即した取組みや公的団体としての社会的責任を果たす事業(高齢者・障がい者、子育て世帯への対応等)に活用される。
同社は、2007年3月に、日本の生命保険会社として初めて「責任投資原則(PRI)」に署名し、環境(E)、社会(S)、企業統治(G)の課題に十分配慮した資産運用を行っている。今後とも、責任ある機関投資家として、「T&D保険グループESG投資方針」に基づき、事業活動を通じて社会的課題の解決に貢献する取組みを進めていく。
<概要>
発行体:大阪府住宅供給公社(R&I格付:AA-)
名称:ソーシャルボンド
※国際資本市場協会(ICMA)が公表する「ソーシャルボンド原則」に準拠したソーシャルボンド
発行総額:50億円
償還期間:25年
SDGs:ソーシャルボンドによって調達された資金は、大阪府住宅供給公社の事業を通して、SDGsの目標の達成に向けて貢献される予定である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

太陽生命、「アミノインデックス(R)リスクスクリーニング」を活用し従業員の健康増進をサポート

生保

第一生命、不動産運用におけるESG投資を高度化

生保

明治安田生命、米州投資公社が発行する「トランジション・ボンド」へ投資

生保

太陽生命、「認知症保険」の累計販売件数が70万件超え

生保

太陽生命、味の素(株)との業務提携を活用した新商品・疾病予防サービスを展開

生保

メディケア生命、独立行政法人都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」に投資

生保

三井住友海上あいおい生命、アジア開発銀行が発行するジェンダー・ボンドに投資

損保

SOMPOホールディングス、日本初のESG重視型ベンチャーキャピタル・ファンドへ出資

生保

第一生命、グローバル・ベンチャーキャピタルファンド MPower Partners Fund L.P.へ投資

関連商品