シンニチ保険WEB

太陽生命、クレディ・アグリコルCIB発行のトランジションボンドを購入

太陽生命は、クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク※1(以下、「CACIB」)が発行するトランジションボンド(私募形式、総額3,000万ドル)に投資した。
なお、本件はCACIB発行のトランジションボンドとしては、本邦投資家向けの初めて※2の私募案件である。
トランジションボンドとは、低炭素社会等へ移行(=トランジション)するためのプロジェクトを資金使途とする債券のことを言う。本債券への投資資金は、低炭素なビジネスモデルへ移行するためのプロジェクトに充当される。CACIBは取引先が温室効果ガスの排出量を大幅に削減するためのトラ
ンジション戦略をサポートすることにコミットしている。
◆本債券の概要
発行体 :クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク
投資額 :3,000万ドル(約33億円相当)※1ドル=109.58円で換算
償還日 :2031年4月22日
資金使途:発行体が定める適格トランジション資産の資金調達に充当。適格トランジション資産は、以下の炭素集約型セクターの低炭素化プロジェクトとなっている。
・エネルギー:石炭発電からガス火力発電への転換資金、廃棄物から発電する設備資金等
・運輸   :化石燃料から天然ガスで稼働する船舶の購入資金、航空機代替燃料※3関連資金等
・産業   :高炭素なセメント・ガラス等の製造プロセスを低炭素へ転換する資金等
※1 クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンクは、資産および自己資本(Tier1)ベースで世界最大手の金融グループのひとつである、クレディ・アグリコル・グループの法人営業・投資銀行部門として、本店モンルージュ(フランス)、ロンドン、ニューヨーク、東京、香港を中心に世界各国に、融資業務、キャピタル・マーケット及び投資銀行業務を主とした幅広い商品とサービスを世界各国で提供している。
※2 CACIBによる。(2021年4月時点)
※3 植物や廃油、都市ゴミ等を原料として作られ、化石燃料に比べて原料生育過程を含むライフサイクル全体でみたCO2排出量が少ない航空機向け燃料

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

太陽生命、「アミノインデックス(R)リスクスクリーニング」を活用し従業員の健康増進をサポート

生保

第一生命、不動産運用におけるESG投資を高度化

生保

明治安田生命、米州投資公社が発行する「トランジション・ボンド」へ投資

生保

太陽生命、「認知症保険」の累計販売件数が70万件超え

生保

太陽生命、大阪府住宅供給公社が発行するソーシャルボンドに投資

生保

太陽生命、味の素(株)との業務提携を活用した新商品・疾病予防サービスを展開

生保

メディケア生命、独立行政法人都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」に投資

生保

三井住友海上あいおい生命、アジア開発銀行が発行するジェンダー・ボンドに投資

損保

SOMPOホールディングス、日本初のESG重視型ベンチャーキャピタル・ファンドへ出資

関連商品