新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命、ポジティブ・インパクト不動産投資を実施

第一生命は、持続可能な社会の実現に向けたESG投資の更なる推進を目的に、国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)が定めるポジティブ・インパクト金融原則等に即した「ポジティブ・インパクト不動産投資」の取組みを開始し、第一号案件の選定を実施した。なお、ポジティブ・インパクト金融原則等に即した不動産投資の実施は国内二例目であり、機関投資家としては国内初の取組みとなる。
ポジティブ・インパクト投資は、SDGsの実現に向け、投資活動によって生じる環境・社会・経済へのインパクトを特定し、インパクト創出状況の評価分析・計測管理を通じて、ポジティブ・インパクトの増大とネガティブ・インパクトの低減を目指す金融手法である。同社は、本投資を通じて達成しようとするポジティブ・インパクトと軽減すべきネガティブ・インパクトを予め明確化し、そのKPIや評価・管理方法について投資プロセスおよび投資後のモニタリングプロセスに組み込んでいる。
◆ポジティブ・インパクト不動産投資 第一号案件
・帯広市内に保有するオフィスビルの全館リニューアルに際し、帯広市と同社および帯広市内でホテルを運営する十勝シティデザインと、帯広市におけるワーケーション等の推進に基づく関係人口創出・拡大に向けた連携協定を締結。
・十勝シティデザインによるホテル開業に加え、エントランスエリアの地域への開放(リモートワーキングに適したコワーキングスペースの提供、地域での滞在や暮らしに関する情報発信)、会議室を活用したワーケーションや移住の促進に向けたセミナー開催などを行う。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、「日本電気株式会社」が発行する「サステナビリティ・リンク・ボンド」への投資を実施

生保

第一生命、「2023年度『お客さま第一の業務運営方針』に係る取組状況について」を公表

損保

日本地震再保険、SDGs債に投資

生保

第一スマート少短、世代別でみる<新たなチャレンジに関する実態調査>を実施~Z世代は「仕事・転職・副業」、ミレニアル世代は「スポーツ・運動」に意欲的

生保

大樹生命、米州開発銀行が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

生保

住友生命、日本トムソン向けスミセイ・サステナビリティ・リンク・ローンを実行

生保

第一生命、生成AIを活用したチャットサービス「ICHI-to-Chat」のビジネス実証を実施

損保

日本地震再保険、SDGs債に投資

生保

第一生命、2023年『サラっと一句!わたしの川柳コンクール』ベスト10発表

生保

第一生命、「「RE100(100%再生可能エネルギー化)」達成企業に認定」を訂正

関連商品