シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、代理店・お客さまの請求申出にAIによる「自動音声応答サービス」を導入

三井住友海上あいおい生命は、BEDOREのAI自動音声対話エンジン「BEDORE Voice Conversation」を利用し、3月15日から、電話による入院・手術給付金の請求申出をAIが受付する「自動音声応答サービス」を業界で初めて導入する。1月19日から代理店向けフリーダイヤルで実証実験をすすめ、今般、お客さま向けに本格展開する。
本サービスは、「自動音声応答サービス」による質問に音声で回答することで、AIが申出内容を識別し、入院・手術給付金の申出受付が完了※するサービスである。これまでのコールセンターへの電話やWebサイトを通じた申出方法に加え、新たな申出方法の導入により申出経路の多様化を図ることで、より一層のお客さま利便性の向上を実現する。
※自動音声応答サービスでの申出内容に基づき、請求書類をお客さま宛てに郵送で送付する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

FWD富士生命、FWD収入保障申込手続きの効率化を実現

損保

イーデザイン損保、「パーソナライズド動画」の提供を開始

生保

三井住友海上あいおい生命、組織改編および役員人事異動を発表

生保

ソニー生命、保険金・給付金「ダイレクト請求サービス」を開始

生保

ソニー生命、年間約2,000万枚の紙使用量を削減

損保

東京海上日動、損害保険業界で初採用、「AIRPOST」を活用したオンライン口座振替申し込み手続きを開始

損保

東京海上日動、経済ニュース・動画コンテンツを起点とした新しい学習習慣と社内コミュニケーションづくりを本格展開

生保

ソニー生命、リモートコンサルティングを開発・導入

生保

住友生命、電子契約システムを導入

損保

東京海上日動、【業界初】AIを活用して生損保一体で保険提案する機能の導入

関連商品