シンニチ保険WEB

日本生命、ニッセイインターネットアンケート「コロナ禍で変化したこと」

日本生命は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューの一つとして、ホームページ内の「契約者さま専用サービス」にて、「コロナ禍で変化したこと」に関するアンケート調査を実施した。
≪アンケート概要≫
■実施期間 :9月1日(火)~9月30日(水)
■実施方法 :インターネットアンケート(「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニュー)
■回答者数 :15,748名(男性:8,112名、女性:7,636名)
≪アンケート結果のポイント≫
【コロナ禍での生活の変化について】
・半数以上が、「コロナ禍をきっかけに、新しく始めたこと、または量や頻度が増えたものがる」と回答。年齢が低い人ほど、その割外が高い傾向があった。
・オンラインショッピングを新しく始めた、または量や頻度が増えた人の1カ月あたりの平均購入額は、コロナ禍前後で約1.1万円増加した。
・オンラインショッピングの購入額が最も増えたものは「日用品」「食料品」で、それぞれ約4割が増加した。
・コロナ禍で貯蓄が増えた理由は「お金の使い道がなかった」「将来への不安から意識的に支出を抑えた」という回答が多かった。
【夏季休暇について】
・今年の夏季休暇の平均予算は約3.5万円で、昨年の約7万円から約半分に減少した。
・夏季休暇の過ごし方は6割以上が「自宅・自宅周辺で過ごした」と回答し、「海外旅行」「国内旅行」「レジャー」「帰省」と回答した人は昨年の合計76.1%から合計38.7%まで減少した。
・コロナ禍の影響で、約2割が夏季休暇の取得時期や取得期間に影響があったと回答。そのうち約6割が、「旅行などの予定が立てられず、取得を見送った」と回答した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ライフネット生命、オンライン接客に関する調査を公開

生保

日本生命、「大阪市性の多様性尊重大賞」に入賞

生保

日本生命、2020年度「IT賞」における『IT賞(「新しい生活様式」への対応領域)』を受賞

生保

日本生命、日本生命浜松町クレアタワー「WELLHealth-SafetyRating」を取得

生保

日本生命、ビジネスマッチングを通じたLIMEX製OAフロアを導入

生保

大同生命、アンケート調査「大同生命サーベイ」を実施

生保

明治安田生命、「いい夫婦の日」に関するアンケート調査を実施

生保

日本生命、ニッセイインターネットアンケート「勤労感謝の日・仕事」を実施

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ2020」へ協賛

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ2020」へ協賛

関連商品