シンニチ保険WEB

第一生命、予防接種のための国際金融ファシリティが発行するワクチン債へ投資

第一生命は、予防接種のための国際金融ファシリティ(以下「IFFIm」)が発行するワクチン債に約158億円投資した。なお、本債券は新型コロナウイルスのワクチン開発を目的としてIFFImが世界で初めて発行するワクチン債であり、本邦では同社のみが投資した。
同社は、日本全国の約1,000万名のお客さまから預かる約36兆円の資金を、幅広い資産で運用する「ユニバーサル・オーナー」として、「QOL向上」、「地方創生・地域活性化」、「気候変動」を重点テーマとしてESG投資を推進しており、国際開発金融機関等が発行するSDGs債にも積極的に投資している。新型コロナウイルス対策を目的としたSDGs債には、本件を含め計3件、約362億円の投資を行っている。
【本債券の概要】
・発行体 :予防接種のための国際金融ファシリティ(S&P格付:AA、Moody’s 格付:Aa1)
・発行額 :17億ノルウェークローネ(約179億円)
・償還期間:10年

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、2019年度『お客さま第一の業務運営方針』に係る取組み状況を公表

生保

第一生命ホールディングス、第一生命、保険業界初、金融庁「基幹系システム・フロントランナー・サポートハブ」支援案件が決定

生保

第一生命、AI-OCR基盤の導入により事務オペレーションをオートメーション化

生保

第一生命及び第一生命ホールディングス、代表取締役の異動を発表

生保

住友生命、国際金融公社が発行するソーシャルボンドへ投資

生保

三井住友海上あいおい生命、米州開発銀行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドへ投資

生保

明治安田生命、三菱UFJフィナンシャル・グループが発行するサステナビリティボンドに投資

生保

太陽生命、「大阪府住宅供給公社」が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

第一生命、企業の福利厚生制度を支える団体保険取扱いの拡充

第一生命、名古屋市中区栄エリアにおけるオフィスビル共同開発検討開始

関連商品