シンニチ保険WEB

第一生命、予防接種のための国際金融ファシリティが発行するワクチン債へ投資

第一生命は、予防接種のための国際金融ファシリティ(以下「IFFIm」)が発行するワクチン債に約158億円投資した。なお、本債券は新型コロナウイルスのワクチン開発を目的としてIFFImが世界で初めて発行するワクチン債であり、本邦では同社のみが投資した。
同社は、日本全国の約1,000万名のお客さまから預かる約36兆円の資金を、幅広い資産で運用する「ユニバーサル・オーナー」として、「QOL向上」、「地方創生・地域活性化」、「気候変動」を重点テーマとしてESG投資を推進しており、国際開発金融機関等が発行するSDGs債にも積極的に投資している。新型コロナウイルス対策を目的としたSDGs債には、本件を含め計3件、約362億円の投資を行っている。
【本債券の概要】
・発行体 :予防接種のための国際金融ファシリティ(S&P格付:AA、Moody’s 格付:Aa1)
・発行額 :17億ノルウェークローネ(約179億円)
・償還期間:10年

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、欧州復興開発銀行が私募形式で発行するグリーン・トランジション・ボンドに日本の投資家として初めて投資

生保

かんぽ生命、国際復興開発銀行が発行するグリーンボンドに投資

生保

SOMPOひまわり生命、国際金融公社が発行する『ソーシャルボンド』へ投資

生保

第一生命、株式会社メトセラに投資

生保

富国生命、プライベート・エクイティ・インパクトファンドへ投資

生保

第一生命、第72回「保健文化賞」受賞者を決定

生保

第一フロンティア生命、フランス国有鉄道が発行するグリーン・ボンドに投資

生保

第一生命、「元社員による金銭の不正取得」事案に関する発表

生保

富国生命、芙蓉総合リースが発行する「サステナビリティ・リンク・ボンド」へ投資

生保

太陽生命、アンデス開発公社が発行する教育ボンドへ投資

関連商品