シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、米州開発銀行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドへ投資

三井住友海上あいおい生命は、米州開発銀行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンド(以下「本債券」)へ投資した。
米州開発銀行は3月に、新型コロナウイルス感染症に対処する各国をサポートするために最大120億ドルの融資を行うことを発表した。本債券の発行はこの発表に続くもので、国連の持続可能な開発目標(SDGs)のうち目標3「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する」にフォーカスしている。米州開発銀行はこの融資により、「公衆衛生」「脆弱な立場に置かれた人々のセーフティーネット」「生産性と雇用」「経済的影響の軽減を図るための財政政策」の4つの分野を集中的にサポートする。
今回の投資は、収益性の確保のみならず、同社が持続可能な社会の形成に寄与し、社会貢献事業への支援も果たすもので、2016年度の「サスティナブル・ディベロップメント・ボンド(世界銀行)」、2017年度の「インダストリアライズ・アフリカ・ボンド(アフリカ開発銀行)」、2018年度の「ソーシャルボンド(国際協力機構)」、2019年度の「サステナビリティボンド(鉄道建設・運輸施設整備支援機構)」に続くものである。
◆投資の概要
 発行体    :米州開発銀行
 投資額    :5,000万オーストラリアドル (36億円相当※)
         ※1オーストラリア・ドル=71.5円で換算
 格付け    :スタンダード&プアーズ:AAA /ムーディーズ:Aaa /フィッチ:AAA
 償還日(期間):2030年6月11日(約10年)
 アレンジャー :大和証券株式会社

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、SASBの「インベスター・アドバイザリー・グループ」・「アジア太平洋WG」メンバーに任命

生保

三井住友海上あいおい生命、新型コロナウイルス感染者の発生について発表

生保

日本生命、米州開発銀行が発行するサステナブル・シティ・ボンドに投資

生保

日本生命、プライベートエクイティファンドを通じたインパクト投資を開始

生保

太陽生命、セイコーエプソンが発行するグリーンボンドへの投資を実施

生保

第一生命、予防接種のための国際金融ファシリティが発行するワクチン債へ投資

損保

三井住友海上、三井住友海上あいおい生命、スマートフォン向け健康管理アプリ「ココカラダイアリー」をリニューアル

生保

住友生命、国際金融公社が発行するソーシャルボンドへ投資

生保

三井住友海上あいおい生命、「新型コロナウイルス感染症」の影響に伴う保険料払込猶予期間等の再延長の実施

生保

明治安田生命、三菱UFJフィナンシャル・グループが発行するサステナビリティボンドに投資

関連商品