新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命、【インパクト投資】モジュラス株式会社に投資

第一生命は、高度な計算科学技術を用いて新規医薬品開発を行う国内ベンチャー企業のモジュラス株式会社(以下「モジュラス」)に対し、ESG投資の一環であるインパクト投資※1として2億円の投資を実施した。
■モジュラス株式会社
・計算科学を用いて低分子医薬品開発を行うベンチャー企業
・創薬に計算科学を用いることで、開発期間を短縮するとともに、実験の削減等を通じた開発コストの大幅削減につながる上、画期的な新薬開発が可能
《社会的インパクト》
■万人がアクセスしやすい医療の実現
・効率的な新薬の研究開発により、安価な医薬品を早期に提供することで、途上国等でもアクセスしやすい医療を実現
同社は、本投資を通じて、高い投資収益を期待するとともに、万人がアクセスしやすい医療の実現(社会的インパクト)が期待されるモジュラスの取組みを資金面からサポートし、その進捗状況を継続的にモニタリングしていく。
同社は、引き続き運用手法の高度化・多様化によって資産運用収益の向上を図るとともに、責任ある機関投資家として持続可能な社会の形成に寄与すべく、ESG投資に積極的に取り組んでいく。
モジュラス株式会社代表取締役CEOの木村俊氏は以下のように述べている。
「現在、世界的に医療費の膨大化が社会的重大問題になっていますが、薬価の上昇が一つの要因として挙げられます。人口の高齢化とともにガンや慢性疾患に苦しむ患者さんが増える一方、再生医療や高分子医薬品等に必要な研究開発コストは著しく増大しており、持続不能に陥りつつあります。その中でも、「低分子治療薬」は製造コストが安価、幅広い疾患にも適用可能、内服薬にもなり得る等の有望な性質をもっています。
モジュラスでは、最先端の生物学的知見、高度な計算科学技術、新たな構造解析手法、そして世界中の研究機関と幅広く協働する「グローバル・ネットワーク型研究実行モデル」を組み合わせることで、創薬の大幅な効率化を図り、新規の「低分子治療薬候補」を自社のパイプラインからいくつも生み出して行きます。また世界トップクラスの日本アカデミア研究と製薬産業を繋げることで国内のイノベーション・エコシステムの発達に貢献し、日本から世界の医療に大きなインパクトを引き起こすことを目指しております。」
※1 インパクト投資とは、運用収益の獲得と社会的インパクト(社会の構造変化等)の創出の両立を意図して投資判断を行う投資手法。
【モジュラス会社概要】
商号    モジュラス株式会社
本社所在地 東京都千代田区九段南1?5?6りそな九段ビル5FKSフロア
代表者   代表取締役CEO:木村俊、代表取締役COO:大野一樹
設立    2016年8月
事業内容  最先端の生物学と計算科学・構造解析を組み合わせた効率的な新規低分子医薬品開発

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、「RE100(100%再生可能エネルギー化)」達成企業に認定

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

第一生命、国内金融機関で初となるWELL認証最高ランク「プラチナ」を取得

生保

第一生命、同社初となる、「DLサステナビリティ・リンク・ローン・フレームワーク」に基づく融資を実行

生保

第一生命、「都市の緑3表彰」の支援と募集開始

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、大災害債「Tomoni Re 2024」をグループ共同で発行

生保

住友生命、DWSが運用するインフラデットファンドに330億円投資

生保

第一生命ホールディングス、第一生命と第一フロンティア生命における責任投資の中期取組方針(2030年3月迄)を策定

生損

明治安田生命、損保ジャパン、第一生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈

生保

第一生命、第35回「大人になったらなりたいもの」調査結果を発表

関連商品