シンニチ保険WEB

第一生命、株式運用におけるESG投資の高度化

第一生命は、日本全国の約1,000万名の保険契約者から預かる約36兆円の資金を幅広い資産で運用する「ユニバーサル・オーナー」として、ESG投資を積極的に推進している。今般、ESG投資の更なる高度化に向けた取組みの一環として、①国内株式ESGファンドのインハウス運用に気候変動要素を組込むとともに、②外国株式運用全体の投資プロセスにESG要素を組込むことを決定した。
①国内株式ESGファンドのインハウス運用(外部に委託しない自家運用)に気候変動要素を組込
・GPIFも採用する環境株式指数である「S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数」を使用し、炭素効率性(売上高当たりの炭素排出量)が高い銘柄を、同社の投資対象候補の銘柄群に追加
・同社リサーチ(※)に基づき、気候変動要素がネガティブな財務インパクトを与えると判断される銘柄を除外した上で、投資対象ユニバースを選定
※2019年度、気候変動リスク・機会の観点での分析に基づいた社内投融資ランクの調整を開始
②外国株式運用全体の投資プロセスにESG要素を組込
・2019年度、外国株式運用の一部資金において、アラベスク・エス・レイが算出するESGスコア(※)を使用してポートフォリオを構築する外国株式ESGファンドのインハウス運用を開始し、手法の効果検証を実施・2020年度からは同ファンドのスクリーニング手法を外国株式運用全体の投資プロセスに導入
※世界の主要上場企業7000社超のESG関連データを日次で収集し、AIを用いてESGスコアを算出

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、株式会社シナモンに投資

生保

日本生命、ニッセイ国内株式クライメート・トランジション戦略ファンドへ投資

生保

第一フロンティア生命、アジア初:国際農業開発基金(IFAD)が発行するSDGs債に投資

生保

第一生命、2021年度決算を一部修正

生保

第一生命、妊娠・出産における生命保険の加入範囲拡大

生保

第一生命、WASSHAへ投資

生保

T&Dフィナンシャル生命、中米経済統合銀行のソーシャルボンドに投資

生保

第一生命、お客さま体験価値(CX)向上に向けた「コンサルティング・商品」の一体改革

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

第一生命、ジモティーの協働プロジェクト開始