シンニチ保険WEB

第一生命、国内生保初となるポジティブ・インパクト・ファイナンスに融資

第一生命は、株式会社SUBARU(以下「SUBARU」)を借入人とするポジティブ・インパクト・ファイナンスに、5億円の融資を行うことを決定した。なお、ポジティブ・インパクト・ファイナンスへの融資は、国内生命保険会社として初めての取組みとなる。
ポジティブ・インパクト・ファイナンスは、国連環境計画金融イニシアティブ(UNEPFI)が提唱するポジティブ・インパクト金融原則に即したファイナンス手法であり、投融資先企業のSDGs達成に向けたKPIの評価・モニタリングを行い、企業による環境・社会・経済へのポジティブ・インパクトの増大、ネガティブ・インパクトの低減を目指す金融商品である。
日本有数の自動車メーカーであるSUBARUは、サプライチェーン全体でグローバルなサステナビリティ活動を実践する方針を掲げ、「サステナブルな社会の実現」を目指している。本件は、脱炭素社会の実現に向けたCO2排出量削減や、電気自動車やハイブリッド車への切り替えといったSUBARUの取組・KPI等を分析し、環境・社会に与えるポジティブな影響を評価した上で融資されている。
同社は本件融資が、SUBARUのCO2排出量削減等のサステナビリティ活動の更なる推進の動機付けとなり、気候変動の緩和をはじめとしたSDGs達成に向けた取組の後押しとなることを期待している。
今後も引き続き、運用手法の高度化・多様化によって資産運用収益の向上を図るとともに、責任ある機関投資家として持続可能な社会の形成に寄与すべく、ESG投資に積極的に取り組んでいく。
【案件概要】
借入人    株式会社SUBARU
組成金額   100億円
期  間   4年
アレンジャー 三井住友信託銀行

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、ニッセイ国内株式クライメート・トランジション戦略ファンドへ投資

生保

第一フロンティア生命、アジア初:国際農業開発基金(IFAD)が発行するSDGs債に投資

生保

第一生命、2021年度決算を一部修正

生保

第一生命、妊娠・出産における生命保険の加入範囲拡大

生保

第一生命、WASSHAへ投資

生保

T&Dフィナンシャル生命、中米経済統合銀行のソーシャルボンドに投資

生保

第一生命、お客さま体験価値(CX)向上に向けた「コンサルティング・商品」の一体改革

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

第一生命、ジモティーの協働プロジェクト開始

生保

第一生命、日本取引所グループが発行するグリーン・デジタル・トラック・ボンドに投資