シンニチ保険WEB

富国生命、オンコロジー・インパクト・グローバル株式ファンドへ投資

富国生命は、カンドリアム・ルクセンブルグ(以下「カンドリアム」)が運用するオンコロジー・インパクト・グローバル株式ファンドへ 50百万米ドル(日本円で55億円相当)の投資を行なう。本ファンドへの投資は本邦機関投資家としては初の取組みである。
オンコロジーとはがん等の腫瘍の治療に関する学問を意味し、本ファンドでは、がんの診断と治療方法の開発を幅広く支援し、がん治療を大きく変える画期的なイノベーションに取り組む企業へ投資を行う。さらに、カンドリアムは運用報酬の 10%をがん研究機関に寄付することで、がん研究へ直接的な支援も行なう。
富国生命は、1983年に医療保険を発売して以来、医療保障、特に国内における死因第1位となっているがんの分野では手厚いサポートが可能となる保険商品を開発するなど、第三分野へ一貫して注力している。また、1968年から15年間に渡って「がんの子供を守る会」に寄付を行うなど、がん治療に対し長年に渡って社会貢献にも取り組んでおり、現在でも乳がんの早期発見、診断、治療の大切さを伝えるピンクリボン運動の支援、子宮頸がんの予防啓発を推進するプロジェクト「Hellosmile」に参画している。
富国生命は、本ファンドへの投資を、契約者の大切な資金を運用するにあたって、収益性の確保のみならず、社会貢献事業への支援も果たしうる手法であると位置づけており、今後も、同様の投融資を継続的に実施していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、大災害債「AkibareRe2020-1」をシンガポールで発行

生保

富国生命、「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施

生保

富国生命、「はたらくささえプラス」を発売

生保

第一生命、西アフリカ諸国向けのインフラ資金融資

生保

第一生命、株式運用におけるESG投資の高度化

生保

第一生命、国内生保初となるポジティブ・インパクト・ファイナンスに融資

生保

第一生命、「機関投資家協働対話フォーラム」が主宰する協働エンゲージメント・プログラムに参加

生保

住友生命、株式会社SUBARU向けのシンジケートローン「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」に参加

生保

富国生命、福島県立石川支援学校生徒作品展示会「すまいる・ぎゃらりー」を開催

生保

富国生命、新型コロナウイルス感染症に関する各種取扱いの発表

関連商品