シンニチ保険WEB

第一生命、ユニファへ投資

第一生命は、IoT※1やAI※2の活用による保育業務の負担軽減及び保育の品質向上を目指す国内ベンチャー企業のユニファに対し、ESG投資の一環であるインパクト投資※3として3億円の投資を実施した。
同社は、本投資を通じて、高い投資収益を期待するとともに、待機児童問題の解決(社会的インパクト)が期待されるユニファの取組みを資金面からサポートし、その進捗状況を継続的にモニタリングしていく。
また全国の同社保有ビルに誘致している保育所に対してユニファのサービス導入支援を行うなど、ユニファとともに待機児童問題を解決することを通じて、住みやすく、働きやすい地域づくりや女性の更なる社会進出を促進し、地域住民のQOL(Quality of Life)向上、すなわち一人ひとりが望むしあわせな人生や生き方の実現に貢献していく。
※1 IoTとは、Internet of Things(モノのインターネット)の略で、すべての「モノ」がインターネットにつながることで、相互に情報交換をする仕組み。
※2 AIとは、artificial intelligence の略で、言語の理解や推論、問題解決などの知的行動を人間に代わってコンピューターに行わせる人工知能技術。
※3 インパクト投資とは、運用収益の獲得と社会的インパクト(社会の構造変化等)の創出の両立を意図して投資判断を行う投資手法。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、ニッセイ国内株式クライメート・トランジション戦略ファンドへ投資

生保

第一フロンティア生命、アジア初:国際農業開発基金(IFAD)が発行するSDGs債に投資

生保

第一生命、2021年度決算を一部修正

生保

第一生命、妊娠・出産における生命保険の加入範囲拡大

生保

第一生命、WASSHAへ投資

生保

T&Dフィナンシャル生命、中米経済統合銀行のソーシャルボンドに投資

生保

第一生命、お客さま体験価値(CX)向上に向けた「コンサルティング・商品」の一体改革

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

第一生命、ジモティーの協働プロジェクト開始

生保

第一生命、日本取引所グループが発行するグリーン・デジタル・トラック・ボンドに投資