シンニチ保険WEB

第一生命、国連責任投資原則(PRI※)2019年アセスメント結果で2年連続で全分野グローバル平均以上の評価を獲得

第一生命は、責任投資(ESG投資およびスチュワードシップ活動)の取組みを持続的にレベルアップするため、2015年に責任投資のグローバルスタンダードである国連責任投資原則(以下「PRI」)に署名している。
今般、2019年のPRI年次アセスメント(評価期間:2018/1~12)の結果において、2018年に続き、全ての分野でPRI署名機関(グローバルで2,584社)の平均以上の評価を得た。
特に、スチュワードシップ活動および不動産投資については最高評価であるA+を獲得。2015年のPRI署名以降、同社は責任投資の態勢整備やESG投資の高度化を継続的に実施している。今回のアセスメント結果についても、責任投資委員会(社外委員3名、社内委員2名)で振返りを行い、経営会議への報告を経て、当社の責任投資の取組みの更なるレベルアップに繋げていく。※PRIとは 持続可能な社会を実現させるため、機関投資家に対して責任投資の実施を提唱する原則(イニシアティブ)。署名機関は毎年、責任投資の態勢や取組み状況等の観点で、PRIからアセスメントを受け、6段階(A+、A~E)のランクで評価される。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SBI生命、第6回「提案募集」の受賞者発表~大賞は「ペット信託付きの生命保険に関するアイデア」

生保

SBI生命「HDI認定チームアワード」を受賞

生保

生保文化センター、2022年度研究助成成果論文表彰制度における受賞者を決定

損保

AIG損保、事業継続に関する表彰「BCAOアワード2021」で大賞を受賞

生保

第一生命、2021年度決算を一部修正

生保

第一生命、妊娠・出産における生命保険の加入範囲拡大

生保

第一生命、WASSHAへ投資

生保

SBI生命、週刊ダイヤモンドの「保険 最強ランキング」において就業不能保険「働く人のたより」が第1位を獲得

生保

ライフネット生命、「保険市場」の『2022年版昨年最も選ばれた「保険ランキング」』において2冠を達成

生保

第一生命、お客さま体験価値(CX)向上に向けた「コンサルティング・商品」の一体改革