シンニチ保険WEB

日本生命、ネットアンケートで「セカンドライフ」について調査

日本生命は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューのひとつとして、ホームページ(https://www.nissay.co.jp)内の契約者専用サービスで、「セカンドライフ」に関するアンケート調査を実施した(回答者数:10,061名(男性5,236名、女性4,825名))。アンケート結果のポイントは次のとおり。
●【定年について】
・従業員数が少ない職場ほど、定年は「65歳」「70歳」と回答した人の割合が多く、全体で対前年と比較すると「65歳」定年が増加している。
・年代別でみると、「60~64歳」まで働き続けたいと回答した人が37.8%と最も多く、対前年と比較すると、ほぼ全ての年代で「65~69歳」まで働き続けたいと回答した人の割合が増加している。
・45.9%の人が、65歳以上も働き続けたいと回答した。
●【セカンドライフの予算について】
・単身の場合は、平均で約24.3万円となり、年代別で見ると20代以下の回答者の平均は、約27万円と最も高く、対前年と比較して4.1万円増額となった。
・夫婦の場合は、平均で約27.9万円となり、年代別で見ると60代の回答者の平均は、約29.5万円と最も高かった。
・貯めておきたい金額の平均は、2,888万円となり、対前年と比較して8万円増額した。
●【セカンドライフへの不安・転居したい都道府県】
・定年に近づく年代ほど、セカンドライフに不安を感じる割合が高くなっている。
・7割以上の人が、セカンドライフを過ごすにあたり転居を望まないと回答した。
・転居をしたいと回答した人が選ぶ、セカンドライフを過ごしたい都道府県は、1位が「北海道」、2位が「東京都」となり、「北海道」が初の1位となった。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、10月から契約貸付利率等を改定

生保

日本生命、インターネットアンケート「父の日」について

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ2022」公演開始

生保

日本生命、「ロジクロス相模原」着工

生保

日本生命、東京大学とのメンタルヘルスに関する共同研究を開始

生保

日本生命など4社が2021年度(2021年4月1日~2022年3月31日)の決算を発表

生保

日本生命、九州電力が発行するトランジション・ボンドに投資

生保

日本生命、大澤常務執行役員がネットゼロ・アセットオーナー・アライアンスのSteeringGroupメンバーに就任

生保

日本生命、円建劣後ローンによる調達を実施

生保

日本生命、「習い事とリスキリング」に関するアンケートを実施