シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、社員対象に「パラマウントチャレンジカヌー」開催

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、パラカヌーをより多くの社員に知ってもらい、体験してもらうことを目的として、8月31日に同社社員を対象とした「パラマウントチャレンジカヌー」を開催した。
1.パラマウントチャレンジカヌーについて
「パラマウントチャレンジカヌー」とは、日本障害者カヌー協会が開催するカヌー体験イベント。パラカヌー選手の応援や支援、障がいがあってもなくても誰でも一緒に楽しめるカヌー体験イベントを全国各地で開催し、パラカヌーの普及拡大を目指している。同社は日本障害者カヌー協会に協賛し、パラカヌーの普及と発展を応援している。
2.当日の様子
当日はパラカヌー選手の加藤選手、高木選手、冨岡選手、一般の障がい者、日本障害者カヌー協会会員、同社社員およびその家族総勢約50名が参加。参加者は、カヌー体験を通じて、お互いに協力し、障がい者およびパラカヌーに対する理解を深めた。
第一部では、カヌー初心者に向けたカヌーの乗り方講座はもちろん、障がい者の方がカヌーに乗る際に必要なフィッティング作業※について、参加者全員で学んだ。その後は、各自がカヌーに乗り、霞ヶ浦でカヌーを体験し、参加者を3つのチームにわけたゲーム形式のカヌーリレーも行った。パラカヌー選手や障がい者の方もそれぞれのチームに加わり、参加者が選手へのフィッティング作業を行うなど、チーム一丸となって協力し、ゲームを大いに盛り上げた。
第二部では、参加者全員で霞ヶ浦の水面および周辺の流木やペットボトルなどのゴミを手分けして拾い、環境保全活動にも取り組んだ。
参加者からは、「カヌーを漕ぐのが思った以上に難しかったが、楽しかった」「障がい者の方それぞれで必要なサポートが違うなど、障がい者に対する理解を深めることができた」「カヌーで使用する霞ヶ浦を清掃することができて良かった」といった声が寄せられ、障がい者スポーツへの取組みやボランティア活動を推進する機会となった。
※障がい者がカヌーに乗る際、スポンジ等を用いて体を固定し安定するために行うこと。
3.今後について
同社は今後もこの全国各地で開催される「パラマウントチャレンジカヌー」に協力するとともに、同社の社員が障がい者スポーツに参加、応援する機会を創出し、「健康応援企業」としての取組みを続けていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、令和2年7月3日からの大雨による災害に関する損保業界の対応を発表

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱い(大分県・岐阜県)を発表

生保

住友生命、第14回「未来を強くする子育てプロジェクト」募集を開始

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱い(長野県)を発表

生保

富国生命、企業(団体)向けサービス「ホームヘルパー協定」を紹介開始

損保

アクサ損保、入院中の子どもたちに“オリジナル絵本”を寄贈

損保

MS&ADホールディングス、気候変動リスク分析ベンチャーJupiterIntelligenceとのTCFD向け気候変動影響定量評価サービスを開始

生保

第一フロンティア生命、「ライフシミュレーションゲームFrontierWorld」を全国展開

生保協会・団体

生保文化センター、2020年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

生保協会・団体

生保文化センター、2020年度研究助成成果論文表彰制度における受賞者を決定

関連商品