シンニチ保険WEB

日本生協連、子どもの貧困問題について地域で考え理解を深める「子どもの未来アクション」プロジェクト、行政と初の連携

日本生協連は、子どもの貧困問題について地域で考え理解を深める「子どもの未来アクション」プロジェクトにおいて、行政では初となる埼玉県との連携を実現した。これにより埼玉県は、日本生協連が作成した子どもの貧困問題啓発のためのテキストを一部改変し、埼玉県内の子どもの貧困に関するデータや取り組みを盛り込んだオリジナルテキスト「こどもたちの未来に向けて」を作成、同県の子どもの居場所づくり支援の事業で活用する。
日本生協連は2018年から、貧困をはじめとする子どもの問題を学び、考えることから、共感の輪を広げていく「子どもの未来アクション」プロジェクトに取り組んでいる。この度の埼玉県との連携は、子どもの居場所づくり支援に取り組む埼玉県と同プロジェクトの方向性が合致したことで実現した。
「子どもの未来アクション」プロジェクトでは、地域で子どもの貧困問題について理解を深めるため、講師(アンバサダー)が啓発テキストを使用した学習会を自主開催している。
埼玉県との連携では、学習会参加者が、より身近な問題として捉えられるよう、使用する啓発テキストを一部改変し、埼玉県内の子どもの生活に関する調査や支援への取り組み、問い合わせ先などを記載した埼玉県版テキストが誕生した。埼玉県ではこれを、県が主催するイベントのほか、市町村や社会福祉協議会などが開催する学習会で活用し、社会全体で子どもを育てる機運を醸成していく。
現在、「子どもの未来アクション」プロジェクトでは、学習会を開催するアンバサダーは個人・団体含め365人となり、学習会参加者は2,403人を数える(7/11時点)。日本生協連は今年度、全国5ヵ所(東京、福岡、 宮城、愛媛、愛知)でアンバサダーを育成する講習会を実施し、2020年度末までにアンバサダーを1,000人、学習会参加者を10,000人に増やすことを目標としている。
日本生協連では、埼玉県との連携をきっかけとして、今後さまざまな団体や行政と協力しながら、子どもの貧困問題を地域で考え理解を深める「子どもの未来アクション」プロジェクトの取り組みを広げていく。
<参考>
●埼玉県同日発表リリース「子供の貧困問題を啓発するためのテキスト『こどもたちの未来に向けて』を作成しました」については下記参照。
埼玉県報道発表資料HPhttps://www.pref.saitama.lg.jp/news/index.html
●「子どもの未来アクション」では、様々な団体とネットワークを築きながら子どもの貧困問題に取り組んでいる。詳細は下記参照。
子どもの未来アクションHPhttps://miraiaction.org/index.html

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上ホールディングス、「令和元年台風19号」「令和元年8月の前線に伴う大雨災害」および「令和元年台風15号」被害に対する義援金等の拠出

生保

メットライフ生命、「令和元年台風第15号」および「令和元年台風第19号」における災害救助法適用地域のお客さまに対する特別取扱い

生保

明治安田生命、「令和元年台風第19号」等により被災されたお客さまへ特別取扱い

生保

はなさく生命、「令和元年台風第19号」の被災者対する特別取扱い

生保

ネオファースト生命、「令和元年 台風第19号」による災害にかかる災害救助法適用地域等のお客さまに対する特別取扱い

生保

日本生命、「令和元年台風第19号」の被災者に対する契約貸付・入院給付金の特別取扱い

生保

ニッセイ・ウェルス生命、「令和元年台風第19号」の被災者に対する契約貸付・入院給付金の特別取扱い

生保

大樹生命、「令和元年台風第19号」の被災者に対する契約者貸付・入院給付金の特別取扱い

生保

第一生命、「令和元年 台風第19号」による災害にかかる災害救助法適用地域等のお客さまに対する特別取扱い

生保

ソニー生命、「令和元年台風第19号」による被災者に対する義援金の寄贈

関連商品