シンニチ保険WEB

第一生命、株式運用におけるESG投資を高度化

第一生命は、日本全国の約1,000万名の保険契約者の保険料を原資とした約35兆円の資産を運用する機関投資家(ユニバーサル・オーナー)として、ESG投資を積極的に推進している。このほど、ESG投資の更なる高度化に向けた取組みの一環として、1.外国株式ESGファンドのインハウス運用を開始するとともに、2.従来の未上場株式インパクト投資に加え、新たに国内上場株式においてインパクト投資を開始することを決定した。
1.外国株式におけるESGファンドのインハウス運用の開始
・アラベスク・エス・レイ(以下「アラベスクS-Ray(R)」)が算出するESGスコア(※)を使用して、ポートフォリオを構築。
・アラベスクS-Rayが算出するESGスコアを日次でモニタリングし、投資銘柄の入れ替えを検討、実施。
※世界の主要上場企業7000社超のESG関連データを日次で収集し、AIを用いてESGスコアを算出。
2.国内上場株式におけるインパクト投資の開始
・第一生命内の株式アナリストが運用収益の獲得と社会的インパクト(社会の構造変化等)の創出の両立を期待できる国内上場企業を選定。
・インパクト投資を行った企業については、財務・業績面でのモニタリングに加え、社会的インパクト創出の状況について継続的にモニタリングを実施。進捗が期待を下回る場合には、投資先企業との対話を通じて改善を促す。
同社は、中長期的な収益力向上を図るとともに、責任ある機関投資家として持続可能な社会の形成に寄与すべく、ESGインテグレーションの高度化やインパクト投資の拡充等、ESG投資に積極的に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、ニッセイ国内株式クライメート・トランジション戦略ファンドへ投資

生保

第一フロンティア生命、アジア初:国際農業開発基金(IFAD)が発行するSDGs債に投資

生保

第一生命、2021年度決算を一部修正

生保

第一生命、妊娠・出産における生命保険の加入範囲拡大

生保

第一生命、WASSHAへ投資

生保

T&Dフィナンシャル生命、中米経済統合銀行のソーシャルボンドに投資

生保

第一生命、お客さま体験価値(CX)向上に向けた「コンサルティング・商品」の一体改革

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

第一生命、ジモティーの協働プロジェクト開始

生保

第一生命、日本取引所グループが発行するグリーン・デジタル・トラック・ボンドに投資