シンニチ保険WEB

第一生命ホールディングス、自己株式取得に係る事項の決定に関する発表

第一生命ホールディングスは、2019年5月15日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、下記のとおり自己株式を取得することを決議した。
1.自己株式の取得を行う理由
機動的な資本政策の遂行および資本効率の向上を通じて株主利益の向上を図るため。
2.取得の内容
(1)取得する株式の種類普通株式
(2)取得する株式の総数28,000,000株(上限)
(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合2.43%)
(3)株式取得価額の総額280億円(上限)
(4)取得期間2019年5月16日~2020年3月31日
(5)取得方法信託方式による市場買付
(参考)2019年4月30日時点の自己株式の保有
(1)発行済株式総数(自己株式を除く)1,149,766,275株
(2)自己株式数48,441,925株
※上記の自己株式数には、株式給付信託(J-ESOP)が所有する同社株式を含んでいない。
なお、2019年3月31日における株式給付信託(J-ESOP)が所有する同社株式は4,161,700株である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、アンデス開発公社のソーシャルボンドに投資

生保

かんぽ生命、サステナブル・ディベロップメント・ボンドに240億円投資

生保

明治安田生命、ESG投融資方針を策定

生保

第一生命ホールディングス、2020年3月末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューを開示

生保

かんぽ生命、「SustainabilityAwarenessBond(持続可能性への認知度を高める債券)」に投資

生保

第一生命ホールディングス、海外生命保険子会社等を統括する中間持株会社を設立

生保

住友生命、世界銀行(国際復興開発銀行)が発行するボンドへ69億円投資

生保

第一生命、グラミン・クレディアグリコル基金を通じたマイクロ・ファイナンス向けの融資を発表

生保

第一生命、【インパクト投資】モジュラス株式会社に投資

生保

第一生命、国際復興開発銀行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドへ投資

関連商品