シンニチ保険WEB

第一生命ホールディングス、自己株式取得に係る事項の決定に関する発表

第一生命ホールディングスは、2019年5月15日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、下記のとおり自己株式を取得することを決議した。
1.自己株式の取得を行う理由
機動的な資本政策の遂行および資本効率の向上を通じて株主利益の向上を図るため。
2.取得の内容
(1)取得する株式の種類普通株式
(2)取得する株式の総数28,000,000株(上限)
(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合2.43%)
(3)株式取得価額の総額280億円(上限)
(4)取得期間2019年5月16日~2020年3月31日
(5)取得方法信託方式による市場買付
(参考)2019年4月30日時点の自己株式の保有
(1)発行済株式総数(自己株式を除く)1,149,766,275株
(2)自己株式数48,441,925株
※上記の自己株式数には、株式給付信託(J-ESOP)が所有する同社株式を含んでいない。
なお、2019年3月31日における株式給付信託(J-ESOP)が所有する同社株式は4,161,700株である。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、株式報酬型ストック・オプションを発行

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上による普通社債を発行

損保

MS&ADホールディングス、株式報酬型ストック・オプションを発行

生保

第一生命ホールディングス、株式報酬制度に関する新株式を発行

生保

第一生命ホールディングスの100%子会社QOLead、企業(団体)向けに健康経営を支援するサービスを提供開始

生保

住友生命、大林組が発行する「サステナビリティボンド」へ投資

生保

住友生命、国際協力機構(JICA)が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

第一生命ホールディングス、「第一生命リアルティアセットマネジメント」を設立

生保

朝日生命、「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言に賛同

損保

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況を発表

関連商品