シンニチ保険WEB

T&Dホールディングス、自己株式取得に係る事項を決定

T&Dホールディングスは、2019 年5月15日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、自己株式の取得に係る事項について決議した。
1. 自己株式の取得を行う理由
株主還元の充実及び資本効率の向上を図るため。
2.取得に係る事項の内容
(1)取得対象株式の種類 普通株式
(2)取得し得る株式の総数 16,000,000株(上限)
(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合2.61%)
(3)株式の取得価額の総額 130億円(上限)
(4)取得期間 2019年5月16日~2019年8月30日
(5)取得方法 信託方式による市場買付
(参考)2019年4月30日時点の自己株式の保有
(1)発行済株式総数(自己株式を除く) 612,034,268株
(2)自己株式数 42,965,732株
(注)自己株式数には、株主資本において自己株式として計上されている役員報酬BIP信託に残存する同社株式827,900株を含めている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、予防接種のための国際金融ファシリティが発行するワクチン債へ投資

損保

東京海上ホールディングス、新株予約権(株式報酬型ストックオプション)の発行内容を確定

生保

第一生命、疾病治療・予防用アプリを開発するキュア・アップおよびニューロトラックへの投資

損保

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況に関する発表

生保

第一生命、中国深センのベンチャーファンドへ投資

生保

第一生命、株式運用におけるESG投資を高度化

損保

損保ジャパン日本興亜、【国内初】保険を活用した航空機ファイナンススキーム(日本版AFIC)を構築

生保

T&Dホールディングス、2020年満期ユーロ円建取得条項付転換社債型新株予約権付社債の転換価額を調整

生保

第一生命、国際復興開発銀行が発行するグリーンボンドに投資

生保

第一生命、欧州復興開発銀行が発行する環境保全債に投資

関連商品