シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、生命保険業界初AI-OCRを用いた「撮るだけねんきん試算」の提供を開始

三井住友海上あいおい生命は、2019年4月25日より、「ねんきん定期便」注1をお客さまのタブレットのカメラで撮影し、AI-OCR注2を用いて読み取った情報から公的年金の受給額を試算する「撮るだけねんきん試算」の提供を開始する。
生命保険の加入を検討する際、必要な保障額や期間を具体的にイメージしてもらうためには、公的保障の受給額等を確認することが大切であるが、公的保障の仕組みは複雑であり、お客さま自身で試算するのは容易ではない。「撮るだけねんきん試算」を利用することにより、簡単に公的保障の受給額を確認することが可能になる。
なお、AI-OCRを用いて「ねんきん定期便」情報を読み取る試算ツールの提供は、生命保険業界初である(2019年4月25日時点同社調べ)。
注1:「ねんきん定期便」は、年金加入記録の確認と年金制度に対する理解促進を目的として、毎年1回、誕生月に日本年金機構から送付される。
注2:AI-OCRは、人工知能(AI)を用いて高精度な文字認識を行うIT技術である。
「撮るだけねんきん試算」の概要
1.特徴
(1)老後に受け取る年金に加え、万一の場合に遺族が受け取る年金、働けなくなったときに受け取る傷病手当金や年金の金額の目安を簡単に試算できる。
(2)「ねんきん定期便」の見方がわからなくても、試算に必要な情報は、AI-OCRを用いて自動的に取得する。(撮影したねんきん定期便の情報は保存されない。)
(3)年齢によって形式や記載内容が異なる「ねんきん定期便」の各フォーマットに対応している。
(4)はがきの折れ目や文字の傾き等は、AI-OCRにより自動的に補正される。
2.利用環境
iPad(2019年4月25日時点)
3.今後の展開
2019年4月に改定された「ねんきん定期便」の最新フォーマットには、5月上旬に対応する予定である。また、iPad以外のタブレットやスマートフォン(iPhone・Android)にも順次対応するなど、さらなる利便性の向上に努める。
※iPad、iPhoneは、AppleInc.の商標である。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されている。
※AndroidはGoogleLLCの商標である。
【撮るだけねんきん試算 URL】
https://nenkinsimulator.net/msa-life/
※iPadのみ利用可能。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

AIG損保、リスク診断アプリ「海外進出ビジネス簡易診断サービス」の提供を開始

損保

損保ジャパン日本興亜、自動車事故のAI自動修理見積サービス開始

生保

三井住友海上あいおい生命、「手話通訳サービス」を開始

損保

三井住友海上、【業界初】チャットボットによる保険手続きサービスを開始

生保

三井住友海上あいおい生命、HDI格付けベンチマーク「問合せ窓口」「モニタリング」「Webサポート」で最高評価の三つ星を獲得

生保

アクサダイレクト生命、新コンテンツ「かんたん!ぴったり保険ガイド」登場

損保

あいおいニッセイ同和損保、アナリティクス(データ分析)支援を開始

生保

日本生命、スマートフォンアプリ「日本生命アプリ」で利用可能な手続きの拡大

損保

SBI損保、「カシャッとスピード見積り」を2019年11月より提供開始

生損

東京海上日動、東京海上日動あんしん生命、マネーフォワードが連携

関連商品