シンニチ保険WEB

住友生命、三井住友海上、「みなとみらい21 中央地区58街区」が本格始動し「横濱ゲートタワー」が着工

住友生命、三井住友海上、鹿島建設は、3社共同で開発する「みなとみらい21 中央地区58街区」について、ビル名を「横濱ゲートタワー」とし、4月3日に着工した。
本計画は、横浜市による「みなとみらい21 中央地区58街区」の事業者公募において、上記3社で構成するグループが選定されたものである。計画地は、横浜駅至近、横浜駅からみなとみらい21への玄関口となる広さ約9,300㎡の敷地で、周辺では企業の本社ビル、研究開発施設などが続々と開発されている。その希少性・利便性の高い立地特性を最大限に活かし、オフィス基準階の専有面積が約825坪、延床面積約84,000㎡の複合ビルを建設する。本社機能、研究開発施設にも対応する高機能な賃貸オフィス( 一部を事業者の1社が自社利用)と、貸会議室、クリニック、保育所など、オフィスワーカーが快適に働ける環境を提供するほか、横浜の新たな名所として併設するプラネタリウムは、にぎわいを創出する場として期待されている。
さらに、BCP対策として高性能制震装置を採用し、帰宅困難者の一時待機スペースといった災害支援機能も兼ね備えており、安全・安心な街づくりに寄与する優れた防災機能をもつ施設を目指し、事業を推進していく。
【計画概要】
・所在地:横浜市西区高島一丁目2番50ほか12筆
・交通:JR・私鉄等「横浜駅」徒歩6分、みなとみらい線「新高島駅」徒歩1分
・敷地面積:9,307.95㎡
・延床面積:約84,000㎡
・用途:事務所、にぎわい施設、店舗、駐車場
・構造規模:S造(制震構造)、地下1階・地上21階
・設計:鹿島建設株式会社
・施工:鹿島・鉄建・小俣建設共同企業体
・工期:2019年4月着工、2021年秋頃竣工(予定)、2021年冬頃開業(予定)
※本プレスリリースの内容は発表日現在のものであり、今後、変更となる可能性がある。
(参考:2017年10月23日プレスリリース)
「横浜市公募事業「みなとみらい21 中央地区58街区」の事業予定者に選定」
http://www.sumitomolife.co.jp/about/newsrelease/pdf/2017/171023.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、株式会社カネカが発行する「グリーンボンド」へ投資

生保

住友生命、第30回「創作四字熟語」募集開始

生保

住友生命、ASEAN国等のマイクロファイナンス機関向け投融資を行うファンドへ追加出資

損保

三井住友海上女子柔道部・新井千鶴選手と玉置桃選手が「2019世界柔道選手権東京大会」日本代表として出場、男女混合団体戦で金メダル獲得

損保

東京海上ホールディングス、自己株式を取得

損保

MS&ADホールディングス、あいおいニッセイ同和損保、国内劣後特約付無担保社債の発行に係る条件を決定

損保

アニコム損保、うしすけ×アニコムのコラボ企画、獣医師監修「ワンちゃん用ハロウィンスペシャルメニュー」の提供開始

協会・団体

損保協会、IAISのICP・コムフレーム市中協議に意見提出

生保

明治安田生命、「スチュワードシップ活動の状況について」を公表

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、「スマホ決済事業者総合補償プラン」の販売を開始