新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命、株式会社環境エネルギー投資の組成するベンチャーファンドへ投資

第一生命は、株式会社環境エネルギー投資が組成する環境・エネルギー分野に特化したベンチャーファンド「EEI4号イノベーション&インパクト投資事業有限責任組合」(以下、「本ファンド」)に対し、ESG投資の一環であるインパクト投資※として10億円の投資を決定した。
環境エネルギー投資は、環境・エネルギー分野に特化した日本で唯一の独立系ベンチャーキャピタル。本ファンドは、再生可能エネルギーやEV、蓄電池等の分野で新たな技術・サービスを持つベンチャー企業への投資を予定しており、日本における再生可能エネルギーの普及や省エネルギー化の推進に貢献することが期待されている。第一生命は、本投資を通じて、高い投資収益の獲得を目指すとともに、CO2排出量削減(社会的インパクト)が期待されるベンチャー企業を資金面からサポートし、その社会的インパクトを継続的にモニタリングしていく。
・株式会社環境エネルギー投資【会社概要】
ファンド名称:EEI4号イノベーション&インパクト投資事業有限責任組合
運用会社:株式会社環境エネルギー投資
本社所在地:東京都品川区東五反田5-11-1
代表者:河村修一郎代表取締役社長
設立:2006年3月
概要:環境・エネルギー分野に特化した、国内唯一の独立系ベンチャーキャピタル」
※インパクト投資とは、運用収益の獲得と社会的インパクト(社会の構造変化等)の創出の両立を意図して投資判断を行う投資手法

関連記事(保険業界ニュース)

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

日本生命、第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」投資家部門で金賞(環境大臣賞)受賞

共済

JA共済連、クライメート・トランジション利付国債へ投資

生保

日本生命、日本政府が発行するクライメート・トランジション利付国債へ投資

生保

第一生命、2024年4月1日付組織改編

生保

第一生命、日本国が発行するクライメート・トランジション利付国債(第1回)へ投資

生保

かんぽ生命、自然に関するスチュワードシップイニシアチブ「Spring」の投資家ステートメントにEndorserとして署名

生保

かんぽ生命、日本国が発行するGX経済移行債へ投資

生保

住友生命、GX経済移行債「クライメート・トランジション利付国債」へ投資

生保

太陽生命とT&Dフィナンシャル生命、日本国が発行する「クライメート・トランジション利付国債(GX経済移行債)」へ投資

関連商品