新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱いについて(北海道)の発表

生保協会は、災害救助法が適用された地域において被災したお客さまについて、家屋等の流失・焼失等により生命保険契約に関する手掛かりを失い、保険金の請求を行うことが困難な場合等において、生命保険契約の有無の照会(災害地域生保契約照会制度)に応じている。
●生命保険協会「災害地域生保契約照会センター」
フリーダイヤル 0120-001731
【受付時間】月~金曜日(祝日を除く) 9:00~17:00
※同制度詳細≪http://www.seiho.or.jp/data/billboard/search/≫
また、生保各社では、災害により災害救助法が適用された地域の被災者の契約について、以下の特別措置を実施している。
1.保険料払込猶予期間の延長
保険契約者からの申し出により、保険料の払込みについて、猶予する期間を最長6ヵ月延長する。
2.保険金・給付金、契約者貸付金等の簡易迅速な支払い
申し出により、必要書類を一部省略する等により、簡易迅速な支払いを行う。
【※取扱いの詳細については、契約している生命保険会社に問い合わせること。】
◆災害救助法の適用状況(内閣府発表)◆
・法適用日:2018年9月6日
・災害救助法適用市町村:北海道・道内、全179市町村
・備考:北海道胆振地方中東部を震源とする地震により、多数の者が生命又は身体に危害を受け、又は受けるおそれが生じており、継続的に救助を必要としている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保協会・団体

生保協会、スチュワードシップ活動ワーキング・グループによる協働エンゲージメントを実施

生保協会・団体

生保協会、全生保会社で地震による免責条項等を適用しないことを確認

生保協会・団体

生保協会、清水会長の年頭所感を掲載

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に関する損保業界の対応について発表

損保協会・団体

損保協会、地震保険の概要や問い合わせ窓口等についてHPで公表

生保協会・団体

生保協会、「インパクトコンソーシアム」に参画

生保

生保協会、「新型コロナウイルス感染症を巡る生命保険業界の取組み及び次のパンデミックに向けた経験の継承」を作成・公表

生損協会・団体

生保協会、損保協会、生保文化センター、保険教育に関する包括連携協定を締結

生保

生保協会、「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」助成施設を決定

協会・団体生保

生保協会、「かんぽ生命保険の新規業務届出に関する郵政民営化委員会の審議結果」について意見と要望等を発表

関連商品