シンニチ保険WEB

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱いについて(北海道)の発表

生保協会は、災害救助法が適用された地域において被災したお客さまについて、家屋等の流失・焼失等により生命保険契約に関する手掛かりを失い、保険金の請求を行うことが困難な場合等において、生命保険契約の有無の照会(災害地域生保契約照会制度)に応じている。
●生命保険協会「災害地域生保契約照会センター」
フリーダイヤル 0120-001731
【受付時間】月~金曜日(祝日を除く) 9:00~17:00
※同制度詳細≪http://www.seiho.or.jp/data/billboard/search/≫
また、生保各社では、災害により災害救助法が適用された地域の被災者の契約について、以下の特別措置を実施している。
1.保険料払込猶予期間の延長
保険契約者からの申し出により、保険料の払込みについて、猶予する期間を最長6ヵ月延長する。
2.保険金・給付金、契約者貸付金等の簡易迅速な支払い
申し出により、必要書類を一部省略する等により、簡易迅速な支払いを行う。
【※取扱いの詳細については、契約している生命保険会社に問い合わせること。】
◆災害救助法の適用状況(内閣府発表)◆
・法適用日:2018年9月6日
・災害救助法適用市町村:北海道・道内、全179市町村
・備考:北海道胆振地方中東部を震源とする地震により、多数の者が生命又は身体に危害を受け、又は受けるおそれが生じており、継続的に救助を必要としている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保協会・団体

生保協会、「生命保険協会 SR報告書2022」を発行

生保協会・団体

生保協会、確定拠出年金(企業型)の統計概況を公表

生保共済協会・団体

生保協会、企業年金(確定給付型)の受託概況を公表

生保協会・団体

生保協会、生命保険の引受・支払実務における遺伝情報の取扱いを公表

生保協会・団体

生保協会、保育所・放課後児童クラブを対象とした助成活動を実施

生保協会・団体

生保協会、「『顧客本位の業務運営』の高度化に資する営業職員チャネルにおけるコンプライアンス・リスク管理に関するフォローアップアンケート」に関する報告書を公表

生保協会・団体

生保協会、新型コロナウイルス感染症を巡る生命保険業界の取組み報告書を作成・公表

生保協会・団体

生保協会、第一生命稲垣社長が会長に

協会・団体生保

生保協会、保険監督者国際機構(IAIS)2023年年次総会の日本開催に関してコメントを発表