シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、受動喫煙対策先進企業として「Revolution Smoke-Free(禁煙革命)」へ参画

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、世界保健機関(WHO)が中国の北京で主催したRevolutionSmoke-Free(禁煙革命)」のイベントに、社員の禁煙・受動喫煙防止を先立って達成した企業として招待され、同社の健康経営の取組みについて発表した。
1.禁煙に関する取組み
同社はお客さまが健康になることを応援する「健康応援企業」への変革を目指し、保険本来の機能(Insurance)と健康を応援する機能(Healthcare)を組み合わせた、従来にない新たな価値「Insurhealth(インシュアヘルス)」をお客さまに提供している。まずは、社員一人ひとりとその家族の健康維持・増進が不可欠であるとの考えのもと「健康経営」を実践し、具体的には、「全社禁煙化」など、社員の受動喫煙対策に約1年間取組んできた。この実績により、世界保健機関(WHO)から社員の禁煙・受動喫煙防止を先立って達成した企業として認められ、「Revolution Smoke-Free(禁煙革命)」に参画する運びとなった。
2.社員に対する今後の禁煙サポート
今後、同社は新たな受動喫煙対策として、国立がん研究センターが監修した特別なプログラムに基づき訓練されたカウンセラーによる禁煙カウンセリングを希望する社員に対して行う予定である。
同社の喫煙率が2020年までに12%以下(現状20.8%)になるよう、禁煙の模範企業として受動喫煙対策に積極的に取り組んでいく。さらに、禁煙をはじめとして健康になることを応援する商品(インシュアヘルス)を提供していくことで、健康を通じて持続可能な社会の実現を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、長崎から「笑顔」を届けるGWの「DEJIMA 博2022」「こどもでじまはく」に特別協賛

生保

明治安田生命、2021マイハピネス フォトコンテスト入賞作品を決定

生保

第一生命、市民ランナー応援プロジェクト「Run with You」2022年度スタート

生保

かんぽ生命、「第9回 全国小学校ラジオ体操コンクール」開催

生保

かんぽ生命、オウンドメディアサイト「かんぽジャンクション」OPEN

生保

日本生命、大阪・関西万博「大阪パビリオン」へ出展

生保

かんぽ生命とアフラックがAcceleration Programを実施

生保

FWD生命、3月29日(火)~3月31日(木)はオリックス・バファローズ本拠地開幕シリーズで「FWD生命ナイター」を開催

生保

アクサ生命、アクサレディスゴルフトーナメントin MIYAZAKI2022出場選手決定

損保

AIG損保、ドライブコンテストを開催~アプリを通じて運転傾向を可視化