シンニチ保険WEB

マニュライフ生命、新契約手続きのデジタル化を全国導入

マニュライフ生命は、プランライト・アドバイザー(自社営業職員)チャネルで、タブレット端末による保険申込みの電子化および自動査定を、7月より全国で本格的に導入し、お客さまの負担軽減、利便性向上と業務の効率化を実現。
マニュライフ生命の営業職員チャネルでは、2017年1月より、全員がタブレット端末(iPad)を携帯しており、お客さまのニーズの顕在化をサポートするファイナンシャル・プランニング・ツール「Let’s! Life Plan」を活用したコンサルティングや専用アプリケーションによる活動管理を行うなど、営業活動のペーパーレス化を進めている。保険の申込プロセスの電子化は、2017年6月より一部の営業職員で先行導入されており、7月より、すべての営業職員のタブレット端末で、個人向け保険商品の電子申込みが可能となった。これまで書面で行われていた、申込内容の入力、告知、支払方法の登録、および署名等のすべての手続きをタブレット端末上で完結することができる。電子申込みでは、入力の不備があると申込手続きが完了しないため、申込上の不備によりお客さまが再度手続きを行う手間を未然に防ぐことが可能となった。
さらに、電子申込みによるデータを活用し、申込み時に査定を行う自動査定のシステムも導入し、契約成立までの期間が大幅に短縮された。医務査定結果は自動査定により申込みの場で即時に端末上で表示される。従来のプロセスでは、契約成立まで最短で3日間かかっていたが、最短で翌日の契約成立が可能になる。また、全体のプロセスをペーパーレス化することにより、作業の効率化と作業時間の短縮も実現した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

マニュライフ生命、2021年度決算を発表

生保

第一生命、金融庁「基幹系システム・フロントランナー・サポートハブ」支援案件を完了

生保

マニュライフ生命、寄付プログラム「Manulife Act of Kindness」を通じて、助けを必要とする子どもたちや被災者を支援する9団体へ600万円を寄付

生保

マニュライフ生命、チャットボットで24時間、問い合わせ可能なLINE公式アカウントを開設

生保

マニュライフ生命、5年連続でスポーツ庁の「スポーツエールカンパニー」に認定、ブロンズを取得

生保

マニュライフ生命、第16回エコノミクス甲子園全国大会オンラインで開催

生保

マニュライフ生命、健康増進に向けた取り組みが評価され、5年連続で「東京都スポーツ推進企業」に認定

生保

マニュライフ生命、ウォーキングアプリ「ManulifeWALK」(マニュライフウォーク)を活用して絵本やおもちゃを寄付

生保

マニュライフ生命が協賛する第16回エコノミクス甲子園地方大会が開幕

損保

三井住友海上、新プラットフォーム導入によるグローバル保険引受体制を高度化