シンニチ保険WEB

三井住友海上プライマリー生命、2017年度決算を発表

三井住友海上プライマリー生命は2017年度(2017年4月1日~2018年3月31日)決算について発表した。
【収入保険料】
収入保険料は1兆156億円となり、4期連続で1兆円の販売を達成した。
【契約および総資産の状況】
保有契約件数は前年度末比11.4%増の102万件、保有契約高は前年度末比6.7%増の6兆618億円となった。
これに伴い総資産は前年度末から6.2%増加し6兆2,017億円となった。
【損益の状況】
保有契約の堅調な推移と安定的な運用収益により、当期純利益(税引後)は292億円となった。
【健全性の状況】
ソルベンシー・マージン比率は992.9%となり、十分な支払余力を維持している。また、実質純資産額は前年度末から9.5%増加し6,220億円となった。
なお、格付会社からは引き続き高い格付けを取得している。(2018年5月18日現在)
スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)保険財務力格付け A+
格付投資情報センター(R&Ⅰ) 保険金支払能力格付け AA

関連記事(保険業界ニュース)

生保

三井住友海上プライマリー生命命、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に基づく2021年度の取組み概況を公開

生保

三井住友海上プライマリー生命、2021年度末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューの開示

生保

三井住友海上プライマリー生命、2021年度決算を発表

生保

三井住友海上プライマリー生命、「金融ジェロントロジー研修」を開発

生保

三井住友海上プライマリー生命、対面とオンラインの同時受講を可能とする研修センターの機能強化

生保

三井住友海上プライマリー生命、外貨建て一時払終身保険『しあわせ、ずっと3』を発売

生保

三井住友海上プライマリー生命、通貨選択型特別終身保険『やさしさ、つなぐ2』に新たな機能を追加

生保

三井住友海上プライマリー生命、オンラインテキストチャット・LINEを活用したお客さまサービスを開始

生保

三井住友海上プライマリー生命、スポーツ庁「スポーツエールカンパニー」に2年連続で認定

生保

三井住友海上プライマリー生命、「マネジメントのためのオンラインコミュニケーション」を開発