新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上プライマリー生命、保有契約件数100万件を突破

三井住友海上プライマリー生命は、1月末に保有契約件数が100万件を突破した。同社は2002年10月に銀行窓口における年金保険の販売開始と同時に開業して以来、 金融機関代理店を通じて一時払の個人年金保険・終身保険を販売するというビジネスモデルに特化し、専門性を高めることで顧客、金融機関代理店からの信頼獲得に努めてきた。
開業以来、変額年金や外貨建商品の分野で時々の環境に合わせて先駆的な商品を提供し、現在では、2012年2月に販売を開始した外貨建定額終身保険「しあわせ、ずっと」、および2016年8月に発売した通貨選択型特別終身保険「やさしさ、つなぐ」が多くの好評を博している。また、金融機関代理店に対して、基本的な金融知識の習得をはじめ、販売スキルやコンサルティングスキルの向上、組織力の強化等を目的とした研修を展開し、金融機関代理店の人財育成をサポートしている。さらにサービス面においても、家族からの契約内容などの照会に答える「ご家族登録サービス」の登録数拡大に向けた取り組みをはじめとして、様々な角度から顧客に
安心を届けている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

三井住友海上プライマリー生命、「小林研一郎指揮ハンガリー・ブダペスト交響楽団」に特別協賛

生保

三井住友海上プライマリー生命、通貨選択型特別終身保険(『やさしさ、つなぐ2』等)の累計販売額が3兆円を突破

生保

三井住友海上プライマリー生命、信用金庫の業界制度商品に『しんきんらいふ終身MSP<しあわせ、ずっと3>』、『しんきんらいふ終身MSP<おおきな、まごころ2>』を追加

生保

三井住友海上プライマリー生命、2023年度末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューを開示

生保

三井住友海上プライマリー生命、2023年度決算を発表

生保

三井住友海上プライマリー生命、生存保障重視型平準払個人年金保険(利率変動型)『あしたも充実2』を発売

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

生保

三井住友海上プライマリー生命、スマートフォン完結型の変額年金保険『AHARA(アハラ)』ロボアド(ロボット・アドバイザー)サービスの提供を開始

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上プライマリー生命、グループ3社がスポーツ庁スポーツエールカンパニーに認定

生保

三井住友海上プライマリー生命、仮想空間(メタバース)での金融機関交流会を開催

関連商品