新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、鉄道・運輸機構が発行するグリーンボンドへ投資

大同生命はこのたび、独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構(以下「鉄道・運輸機構」)が発行するグリーンボンド(以下 「本債券」)への投資を決定した。 同債券は、国内でのグリーンボンドの更なる普及に資する発行事例として、環境省により選定された初のグリーンボンドで、調達資金は、CO2削減等の環境改善効果が期待される都市 鉄道利便増進事業に活用される。
■債券の概要
債券名…第109回独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構債券
発行総額…200億円
償還期間…10年
資金使途…CO2削減等の環境改善効果が期待される、鉄道会社間の直通線新設等の都市 鉄道利便増進事業

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大樹生命、人権問題などの社会課題の解決を目指す国際的なイニシアティブ「Advance」に署名

生保

大同生命、より低廉な保険料で多くの経営者に保障を提供「健康エール割」を発売

生保

明治安田生命、「森林・農地ファンド」に投資

生保

アフラック生命、国内劣後社債を発行

生保

太陽生命、「株式会社SUBARU」が発行する「グリーンボンド」への投資を実施

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」、「サステナビリティ経営」の認知度が大きく高まり、47%に

生保

大同生命、子どもたちに約1.5万食分の食事代を寄付

生保

大樹生命、アジア開発銀行が発行する「ブルーボンド」に投資

損保

MS&ADホールディングス、保険引受先・投融資先に係る温室効果ガス(GHG)排出量削減目標を設定

生保

大同生命、「UCDAアワード2023」で「UCDAアワード2023」「アナザーボイス賞」「総合賞(ブロンズ)」を同時に受賞

関連商品