シンニチ保険WEB

大同生命、鉄道・運輸機構が発行するグリーンボンドへ投資

大同生命はこのたび、独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構(以下「鉄道・運輸機構」)が発行するグリーンボンド(以下 「本債券」)への投資を決定した。 同債券は、国内でのグリーンボンドの更なる普及に資する発行事例として、環境省により選定された初のグリーンボンドで、調達資金は、CO2削減等の環境改善効果が期待される都市 鉄道利便増進事業に活用される。
■債券の概要
債券名…第109回独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構債券
発行総額…200億円
償還期間…10年
資金使途…CO2削減等の環境改善効果が期待される、鉄道会社間の直通線新設等の都市 鉄道利便増進事業

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、アジア開発銀行が発行する「エデュケーション・ボンド」に投資

損保

損保ジャパン、世界銀行が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

生保

第一生命、クリーンエナジーコネクトへ投資

生保

住友生命、野村アセットマネジメントが運用する「グローバル・サステナブル・エクイティ・オープン投信」へ投資

生保

明治安田生命、欧州投資銀行が発行する「サステナビリティ・アウェアネス・ボンド」に100億円投資

生保

第一生命、Ubie社へ5億円投資

生保

大同生命、BCP策定意向が拡大、リスク対策の意識が高まる~中小企業経営者アンケート6月度調査レポート~

生保

大同生命、アジア・アフリカの子どもたちに約26万食分の学校給食を寄付

生保

三井住友海上あいおい生命、JICAが発行するピースビルディングボンド(平和構築債)へ投資