新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、鉄道・運輸機構が発行するグリーンボンドへ投資

大同生命はこのたび、独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構(以下「鉄道・運輸機構」)が発行するグリーンボンド(以下 「本債券」)への投資を決定した。 同債券は、国内でのグリーンボンドの更なる普及に資する発行事例として、環境省により選定された初のグリーンボンドで、調達資金は、CO2削減等の環境改善効果が期待される都市 鉄道利便増進事業に活用される。
■債券の概要
債券名…第109回独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構債券
発行総額…200億円
償還期間…10年
資金使途…CO2削減等の環境改善効果が期待される、鉄道会社間の直通線新設等の都市 鉄道利便増進事業

関連記事(保険業界ニュース)

生損共済

JA共済連、約80億円のESG投資を実施

生保

メットライフ、ステークホルダーのためのよりたしかな未来の創造に向けた、サステナビリティレポートを発表

生保

第一生命、MCPグループが運用する日本株ロング/ショート・ファンド・オブ・ファンズに投資

生保

太陽生命、大同生命、富士フイルムホールディングスが発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

明治安田生命、フランス預金供託公庫が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

生保

太陽生命、「日本電気株式会社」が発行する「サステナビリティ・リンク・ボンド」への投資を実施

生保

大同生命、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)シグネチャーパビリオン「いのちめぐる冒険」に協賛決定

生保

大同生命、特別展示『大同生命の源流加島屋と広岡浅子』新企画展に新たな資料を追加~新紙幣の五千円札の肖像となる津田梅子と広岡浅子との関わりを紹介

生保

大同生命、大阪・関西万博で利用可能な「ミャクポ!」と「KENCO応援ポイント」の交換開始

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、T&Dフィナンシャル生命、T&Dアセットマネジメント、ペット&ファミリー損保、「お客さま本位の業務運営」2023年度取組結果を公表

関連商品