シンニチ保険WEB

第一生命、鉄道・運輸機構が発行するグリーンボンドへ投資

第一生命は、このほど独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構の発行するグリーンボンドへの投資を実施した。
グリーンボンドとは、環境事業に要する資金を調達するために発行する債券で、環境省が2017年3月に策定・公表した「グリーンボンドガイドライン2017年度版1」への適合性について、初めて環境省からの確認を取得した債券である。
同債券により調達された資金は、都市鉄道利便増進事業(神奈川東部方面線)に充当され、同事業では、公共輸送の拡充を行い、バスや自動車から同路線への旅客の移転を促すことで、二酸化炭素排出量の削減が見込まれている。同社は、同債券への投資を通じて安定収益を確保するとともに、環境問題の解決に繋がる本事業を資金面からサポートし、その進捗状況等を継続的にフォローしていく。
■本債券の概要
銘柄…第109回鉄道建設・運輸施設整備支援機構債券
年限…10年
発行額…200億円
発行日…2017年11月28日

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、世界銀行が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

生保

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品を第一スマート少額短期保険より提供開始

生保

第一生命、大阪大学大学院国際公共政策研究科と連携協定を締結

生保

第一生命、クリーンエナジーコネクトへ投資

生保

第一生命、企業年金新商品「特別勘定 総合口戦略的資産配分型」を発売

生保

住友生命、野村アセットマネジメントが運用する「グローバル・サステナブル・エクイティ・オープン投信」へ投資

生保

明治安田生命、欧州投資銀行が発行する「サステナビリティ・アウェアネス・ボンド」に100億円投資

生保

第一生命、Ubie社へ5億円投資

生保

三井住友海上あいおい生命、JICAが発行するピースビルディングボンド(平和構築債)へ投資