シンニチ保険WEB

三井生命、愛媛県と包括連携協定を締結

 三井生命は11月10日、愛媛県と地域経済の活性化および県民サービスの向上を目的として、包括連携協定を締結した。協定の名称は「連携と協力に関する包括協定」で、相互に連携を図り、双方の資源を有効活用した協働事業を推進することにより、地域経済の活性化および県民サービスの向上を図っていく。
 連携項目としては、(1)県内ものづくり企業のビジネスマッチングに関する事項、(2)愛媛ブランドの魅力向上および販路開拓、販売促進の支援に関する事項、(3)介護、医療、健康増進等の支援に関する事項、(4)雇用促進の支援に関する事項、(5)少子化対策に関する事項、(6)愛媛県の観光支援に関する事項、(7)その他地域経済の活性化や県民サービスの向上に関する事項―となっている。
▽主な協働事業の概要
〇県内ものづくり企業と三井生命取引先企業等とのビジネスマッチング
〇三井生命主催の異業種交流会への参加案内
〇顧客向け冊子を活用した「すご味」「すごモノ」「スゴ技」製品等のPR
〇三井生命関連会社を通じた同社従業員への愛媛県産品のPR
〇健康づくりに関する県の諸施策のPR
〇がん検診の受診率向上に向けた普及啓発活動
〇高齢・障がい者雇用に関する企業向け普及啓発イベントのPR
〇えひめ結婚支援センターのPR、協賛企業・応援企業としての登録
〇愛顔の子育て応援アプリ「きらきらナビ」のPR
〇顧客向け冊子への愛媛県観光情報掲載

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、「PHRサービス事業協会(仮称)」設立を宣言

損保

アニコム ホールディングス、動物医療の発展に向けて再生医療等分野で業務提携開始

生保

アフラック生命、福井大学、福井県若狭町、ゼネラとの協業「わかさ健活プロジェクト」を推進

生保

大同生命、「婦人科・小児科オンライン相談窓口」を設置

生保

メディケア生命、女性特有の病気の患者5,231名の声

生保

アフラック生命、新型コロナウイルス感染症拡大が及ぼしたがん患者への影響調査の結果を公表

生保

太陽生命、「感染症プラス入院一時金保険」の販売件数が、20万件を突破

生保

カーディフ生命、がん団信の引受条件を緩和

損保

SBI損保、佐賀銀行における「SBI損保のがん保険」団体保険導入に基本合意

損保

アクサ損保、入院中の子どもたちと分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を通したリモート交流会を開催