シンニチ保険WEB

第一生命、来年1月から個人型確定拠出年金向け新プランの取り扱い開始

 第一生命では、来年1月1日から個人型確定拠出年金(iDeCo)向け新プラン「第一生命の個人型Vプランα」の取り扱いを開始する。
 今年5月の「確定拠出年金法等の一部を改正する法律」の成立により、来年1月からiDeCoの対象範囲が公務員や専業主婦・主夫にも広がる。そこで、同社の口座管理手数料や運用商品ラインアップを刷新し、老後資金の準備として魅力的な新プランを提供することにした。また、新プランでは、iDeCo向けとして初となる「医療・介護等に関する電話相談」を無料で提供し(同社調べ)、生命保険会社ならではのサービスで加入者と家族の健康面をサポートする。
◆新プランの概要
▽主な特長
(1)第一生命の口座管理手数料の一部無料化
 同社の口座管理手数料(税込)については、資産残高に応じて設定する。
〇資産残高150万円以上:無料
〇資産残高150万円未満:月額315円(年間3780円)
※上記以外に、国民年金基金連合会や事務委託先金融機関(信託銀行)が設定する管理手数料が別途かかる。
(2)低信託報酬の投資信託も取りそろえた充実の運用商品ラインアップ
 国内外の株式・債券・REIT(リート)の各カテゴリーに、信託報酬が低水準の「パッシブ商品」と、リスクコントロールの運用手法を取り入れた運用初心者も安心の「バランス型商品」などバラエティに富んだ24商品をそろえた。
(3)健康・医療・介護に関する無料電話相談サービスの提供
 加入者とその家族の生活を応援するために、「第一生命けんこうサポートデスク」(SOMPOリスケアマネジメントが提供)で、健康・医療・介護に関する電話相談サービス(メディカルサポートサービス、メンタルヘルスサービス、生活関連相談)を無料で提供する。サービスの利用者は「Vプランα」に加入の本人に加えて、その家族(18歳未満を除く)も対象となる。なお、生活関連相談については、相談内容によって有料となる場合がある。
▽「Vプランα」の申込書類の提供開始時期
 「Vプランα」の申込書類は、12月22日以降、第一生命ホームページの資料請求サイトもしくは確定拠出年金専用コールセンターで提供を開始。
▽現行の「第一の個人型Vプラン」(現行プラン)の加入者
 来年1月1日以降も、現行プランで資産の運用、加入者向けのWebサイトや確定拠出年金コールセンター等のサービスは継続して利用できる。また、現行プランの加入者と家族についても「第一生命けんこうサポートデスク」によるサービスを利用できる。
▽iDeCoについての情報提供用のWebサイトの開設
 iDeCoの加入促進に向け、iDeCoのしくみや加入診断、税制メリットシミュレーションなどを掲載したWebサイトを来年3月下旬に開設する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、「PHRサービス事業協会(仮称)」設立を宣言

損保

アニコム ホールディングス、動物医療の発展に向けて再生医療等分野で業務提携開始

生保

アフラック生命、福井大学、福井県若狭町、ゼネラとの協業「わかさ健活プロジェクト」を推進

生保

大同生命、「婦人科・小児科オンライン相談窓口」を設置

生保

メディケア生命、女性特有の病気の患者5,231名の声

生保

アフラック生命、新型コロナウイルス感染症拡大が及ぼしたがん患者への影響調査の結果を公表

生保

太陽生命、「感染症プラス入院一時金保険」の販売件数が、20万件を突破

生保

カーディフ生命、がん団信の引受条件を緩和

損保

SBI損保、佐賀銀行における「SBI損保のがん保険」団体保険導入に基本合意

損保

アクサ損保、入院中の子どもたちと分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を通したリモート交流会を開催