シンニチ保険WEB

20513

販売終了

保険代理店経営セミナーシリーズ

【DVD】保険業法の改正が求める保険代理店の態勢整備

のぞみ総合法律事務所 弁護士 吉田桂公、株式会社A.I.P 代表取締役 松本一成、株式会社A.I.P 常務取締役 佐野友映/インタビュアー:株式会社ブレインマークス 代表取締役 安東邦彦

~保険代理店の自立と自律~

保険業法の改正案が可決されたことにより、保険販売時に顧客に対して、「意向把握」「情報提供」を義務づける基本ルールが正式に創設されます。プロ代理店には、新たな募集規制に則った態勢整備が義務付けられるのです。そこで今回は、元金融庁監査局のぞみ総合法律事務所の吉田弁護士と態勢整備への取り組みを約1年前から開始している乗合代理店の株式会社A.I.Pの松本社長、佐野常務の3名に「保険業法改正で求められる保険代理店の態勢整備」をテーマにお話をお聞きしました。(企画・制作・著作:株式会社ブレインマークス)

■保険業法改正がもたらす変化とは?
「保険業法の改正が代理店にどのような影響を及ぼすのか?」「この改正によって何が変わるのか?」「具体的に何をしなければならないのか?」「どこまでの態勢整備が求められるのか?」については、まだ明確な答えもルールも決まっていません。これからのプロ代理店のあり方について、3つの視点(法律的・経営的・現場的)から、今後の対策を考えてみてはいかがでしょう。

商品番号:20513

DVDビデオ/収録時間82分

2014年7月発売

主な内容

  • 保険業法改正のポイントを知る
    「意向把握義務」「情報提供義務」「保険代理店の態勢整備義務」
    ・保険業法の何がどう変わったのか?
    ・プロ代理店には何が求められているのか?
    ・プロ代理店にはどのような影響があるのか?
    ・株式会社A.I.Pでの取り組み紹介
  • 保険業法改正への対策を知る
    ・内部規程の作成
    (1)法令等遵守規程、(2)保険募集管理規程、(3)顧客情報管理規程、(4)顧客サポート等管理規程、(5)内部監査規程、(6)外部委託管理規程
    ・(方針・規程、組織体制等の見直し)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

エヌエヌ生命、事業経営リスクを学べるオンラインゲーム「経営キングダム」をリリース

損保

三井住友海上とインターリスク総研、洋上風力発電設備のリスクに関するハンドブックを作成