新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

太陽生命、「渋谷二丁目17地区市街地再開発事業」で複合施設渋谷アクシュを7月8日開業

太陽生命は、6社で推進している「渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業」において複合施設「渋谷アクシュ(SHIBUYAAXSH)(以下、本施設)」を2024年7月8日に開業することを決定した。
本施設が位置する渋谷駅東口エリアの渋谷駅から青山方面へと続く地域(以下、青渋)は、幹線道路に囲まれ、周辺エリアとの円滑な回遊が妨げられてきたことや、オフィス中心のエリ アということもあり、人々が集い、賑わいが生まれる場所が不足しているという課題があった。そこで、本施設は「TSUNAGI-BA」をコンセプトに、渋谷二丁目の飲食ゾーンと青山などの文教エリアとのつながりを活かし、渋谷を代表するエリアである奥渋や渋南に続く“青渋”のアイコンになることを目指す。
新業態や初出店の店舗を含む飲食テナント、アートギャラリー、健診センターなど15テナントが出店する1~4階の商業フロアによって、これまで通り道だった青渋エリアが、ひとときの休憩や食事を楽しむことができる人々の交流の場となる。ワーカーや学生が日常的に利用できるカフェやレストランに加え、パブリックアートを始めとした芸術作品に触れながら食事やワインをゆっくり楽しめるイタリアンなど、さまざまな利用シーンを彩る店舗が軒を連ねる。
同社は、本事業を通じて、渋谷~青山エリアをつなぐ新たなネットワークを形成するとともに、多様な人々や文化の交流を誘発することで、渋谷駅東口エリアの活性化を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、「JAPAN RUGBY CHALLENGE SERIES 2024」に特別協賛

生保

イオン・アリアンツ生命、「お客さま本位の業務運営基本方針」の2023年度取組結果を公表

生保

SBI生命、2023年度「顧客中心主義に基づく業務運営方針」にかかる取組結果を公表

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

損保

セゾン自動車火災、10月に本社オフィスを移転

損保

損保各社、お客様本位の業務運営に関する2023年度取組状況を公表

生保

生保各社、お客様本位の業務運営に関する2023年度取組状況を公表

損保

富国生命、名古屋シミズ富国生命ビルが竣工・開業

損保

SOMPOホールディングス、中期経営計画(2024年度~2026年度)を策定

生保

日本郵政グループ、各社のサービスを1つのIDで~「ゆうID」で新たなお客さま体験を~

関連商品